残席状況 個別演習科 月・金20:00〜3席 火・木19:00〜3席

たってのご希望で立った

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

 

週末に面談を行ったご家庭からのたってのご希望で立ちました。

 

立ったのは課題プリントです。

 

折り曲げずに立つぐらいの束をお渡ししました。

 

これを怒涛の勢いで倒してもらいます。

 

打倒してもらいます。解き倒してもらいます。

 

なにせ本人の希望が欲張りなのですから、その高い希望に見合った努力が必要です。

 

志の高さは素晴らしいことです。

 

欲の深さは誇らしいことです。

 

それを叶えるための努力が十分にあれば、ただの現実になります。

 

シンプルに猛烈な努力をしなければ短期間の逆転はありません。

 

今頃本人は少し後悔してるかもしれません。(笑

 

吐いたツバ飲み込めない怖さ、という奴です。

 

しかし定期テストまでこれを緩めるつもりはありません。

 

良し悪し込みで、生徒の欲望を現実にする手助けが仕事ですから。

 

 

お問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


宝塚観劇に行ってきました

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

 

久しぶりの宝塚観劇に行ってきました。

 

青木学院OGの海叶あさひさんが宝塚歌劇団の花組に所属しています。

 

今回は島原・天草一揆の天草四郎をモデルにした物語でした。

 

多少なりとも江戸時代の知識があると、さらに楽しめましたね。

 

やはり勉強はしておくべきものです。(笑

 

都合がつくときには応援も兼ねて観劇に伺いますが、

 

いつ行ってもやはりすごいの一語に尽きます。

 

才能を持った人間が努力を重ねて環境と運に恵まれると、

 

ここまでのものができるのかと感動します。

 

夢を見ているかのような世界を体験させてくれる宝塚は、

 

本当に多くの人の宝の場なのでしょう。

 

もちろん宝塚は日本一の歌劇団ですから、

 

あさひさんの先輩方、同期の皆さんも素晴らしい方々ばかりで、

 

まだキャリアの浅い彼女は大きな出番や役があるわけではありません。

 

しかし彼女がきちんと努力を重ねていることや、

 

その努力を認めてくれる先輩がいることなどが

 

本編や販売されていた書籍から伝わりました。

 

色々なものを彼女もかなぐり捨てて、

 

色々な誘惑をはねのけて芸事の道を選び、修行を続けています。

 

才能のある彼女でさえそうやって戦っているのに、

 

才能にさして恵まれているわけでもない凡人の我々が

 

ささやかであれ何かを手に入れたいと思うときに

 

日々の努力を怠って何かを手に入れようなどとはおこがましいです。

 

明日も明後日も、精進を重ねていこうと改めて。

 

 

お問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


最初からスマホを渡さない作戦

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

中学生の保護者さんと話しているとスマホ問題は根深いですね。

 

どうしてもアプリなどに気を取られてしまっています。

 

そうであるならば、今小学生のお子さんのいるご家庭には

 

最初からスマホを渡さない作戦もあるとお伝えしたいです。

 

もちろん、全面的にスマホが悪だと言うつもりはありません。

 

自分でコントロールできる生徒には持ってもらうことで

 

調べ物が早くなったり適当な息抜きになる可能性も大です。

 

しかし例えば、ゲーム機などの時間管理の様子を見ていて

 

我が子が我慢が下手だな、と親の目に映るならば

 

スマホを渡すことでさらに悪化する可能性は大です。

 

スマホの中でもソーシャルネットワークゲーム

 

通称ソシャゲと呼ばれるものは、友人とリンクしてのプレイが多いです。

 

そうなると、一人・あるいは同時にその場にいるときだけの

 

携帯ゲーム機よりも依存度が高まってしまいます。

 

そこを自分でコントロールできるようになることは望ましいのですが、

 

もしコントロールできる可能性が低いならば

 

スマホを渡すのはもう少し後でも構わないかもしれませんね。

 

あるいはアプリやシステムを利用して使用時間を管理したり、

 

ご家庭での利用時間に約束事を設けることです。

 

その場合に絶対に決めてほしいのは

 

「ルール違反した場合の行動」と「その行動の確実な遂行」です。

 

無制限にして後からルールを増やせば子供の不満は増えます。

 

また、ルール違反後の行動変更の約束をなあなあにしてしまうと

 

子供は一層ルールを守らない人間になります。

 

どちらもスマホそのものよりタチが悪いので、絶対に避けましょう。

 

塾長への質問をLINEなどで送ってくれるのは大歓迎なので

 

一概にスマホを悪く言うつもりは全くありません。

 

何事もほどほどの付き合いをして、自分の目標達成のために動きましょう。

 

 

お問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


結果の出てないときこそ丁寧に

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

 

今日はある保護者さんと日中にお話をしました。

 

そこで出たいくつかの話がありましたが、

 

一番重要だと考えたのは「結果の出てないときこそ丁寧に」ということです。

 

子供が頑張っているはず、指導者も頑張っているはずなのに

 

(頑張っていないときの話ではありません)

 

思うような結果が出ていないときには、

 

むやみに何かを大きく変えてしまったり、

 

あるいは投げ出してしまったりすることがあります。

 

しかし、丁寧にやるべきことに向き合って日々を過ごしていれば

 

それはきっと誰かが見ていてくれるという話でした。

 

自分がまっとうな努力をしているという状態であるならば、

 

それから身を遠ざけても良いことはありません。

 

堂々と努力し続けていきましょう。

 

あるいはさらに深くその道にのめり込みましょう。

 

結果が出るその日まで、戦ってこそなんぼです。

 

 

お問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


志望校を簡単に譲るな

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

 

志望校は簡単に譲ってはいけません。

 

譲るくせがついたらそれまでです。

 

自分が行きたいと思える学校の名前は自分が好きな人のようなものだと思えば

 

ホイホイ取り替えている人が振り向いてもらえないと思えます。

 

数字をきちんと見て戦い方を見定めて、

 

そこに至るまでに必要な努力をコツコツと重ねるより前に

 

志望校を変えて合格率を上げてどうしましょうか。

 

ギリギリという意味では志願変更の瞬間でも変えられるはずです。

 

強い意志で志望校を口にし続けるからこそ、

 

困難とも言える学習を続けられる可能性が増えるのです。

 

本当にダメだと思える瞬間までは、往生際が悪い受験生でいましょう。

 

 

お問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


2018年09月19日のつぶやき

22:16
お求めはお近くのアディダスブランドコアストア渋谷でって、お近くとかじゃなく限定じゃないですか。

優先度は影響する

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

 

当たり前の話しか毎日書かなくて申し訳ありません。

 

しかしその当たり前が不十分な達成度合いであるならば

 

「何度でも言うぞ」としか思いません。

 

優先度は結果に影響を与えます。

 

勉強を優先すればそういう結果に行きやすく、

 

勉強以外のことを優先すればそういう結果に行きやすいです。

 

塾の授業より家庭学習をしたいと言って塾を休む生徒がいます。

 

この場合最終的な学力の伸びが大きければそれで良しですが、

 

概ねどちらの塾でもそういう生徒は少数派であると伺います。

 

なぜなら、欠席したら塾の先生が立てた予定を外れるわけですから、

 

塾の先生が想定した学力の伸びる軌道に乗りにくいことになります。

 

生徒の自己判断が先生の判断より正しい可能性が高ければ

 

それはもう通う必要があまりない塾なのではないかと言えます。

 

塾と自分で自分を優先するということはそういうことです。

 

塾にきちんと通い続ける生徒が伸びやすいのは当然ですから、

 

塾としても気軽な欠席・振替などはおすすめしにくいのです。

 

もちろん十分な理由があったり体調が良くないときは無理せずに。

 

 

お問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


2018年09月18日のつぶやき

22:42
退塾の際に生徒を怒る塾の先生がいるそうで。自分は思い出す限りでは怒ってない。生徒もご家庭もそれなりの決意を以て退塾を申し出ているのに、怒っても留まってくれる訳でもないし。うちでダメならよそで伸びてくれればいいし。永遠に生徒の面倒を見られるわけでもないのが早まっただけし。

長期通塾が有利な本当の理由

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

 

受験を見据えていつから通塾するかはご家庭により様々です。

 

子供の興味関心や諸事情などで決まるものに唯一の正解はありませんが、

 

受験を考えれば長期通塾が有利であるというのもまた事実です。

 

それは単純に学習量が増えるからということもあります。

 

でも本当のところを言えば「考え方を早期に身につけることで

 

その後の学習効率全体を上げられる」という点が大きいと感じます。

 

同じ時間の学習をしたとしても、学習に対する取り組み方や、

 

そもそもの物事の考え方がどのようになっているかで、

 

成果の出方は確実に決まってきます。

 

以前ある模試でSS60以上の成果を残していた生徒の答案について

 

「なぜこの問題でこう解いたのか?」ということを尋ねると

 

全く論理的ではない、再現性の低い返答が返ってきました。

 

おそらくこの生徒は、生来の感の良さでこれまでのテストを乗り越えてきたのでしょう。

 

しかし、このまま行けばより論理性が問われる学習に入ったときに

 

乗り越えられない壁が出てくることが目に見えました。

 

これまでの学習でも論理的でなかった分学習効率が良くなかったであろうことが、

 

その後の答案分析をしながらの指導でもわかってきました。

 

こうなると指導は、学習の手順を見直しからになります。

 

これが試験直前となると、点数を取る学習と並行になりますから生徒が大変です。

 

そういう点から、長期通塾をしたほうがいいとおすすめすることがあるのです。

 

 

お問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


日常生活をきちんと送る

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

 

生徒たちと話していると日常から吸い取るべき常識が欠けていることを実感します。

 

「除夜の鐘」「元旦」「初詣」などの常識さえ知らずとも

 

学校の定期テストで上位10%程度にいたりするのですから驚きです。

 

そのような状態で地図記号の神社と寺の違いや

 

歴史の仏教伝来を学んだところで実感を持って捉えることが出来るはずも無いです。

 

九州四国の農業について言葉だけ勉強するのではなく、

 

日常スーパーに出向いて野菜コーナーの産地から得た知識と結びつけることで

 

自分たちが何かを学ぶのは机の上の教科書からだけではなく、

 

それが日々の生活と地続きになっていることを実感てもらいたいです。

 

その上でそれらを遥かに飛び越えた世界に踏み出すためにも

 

今目の前の課題を一段ずつ登っていくことの大切さを噛み締めてもらいたいです。

 

勉強だけしていればいいというものではありません。

 

勉強はある意味ではやって当たり前で、その上で、なのです。

 

 

お問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
twitter!
miz_1149をフォローしましょう
◎短期集中・受験への国語講座
 2時間×4日間で県相受験・大学受験のために必要な国語の解法のコツをお伝えします。  他の教科は順調なのに、国語だけがどうしても!という生徒を募集します。  国語を感覚で解かず、理屈と手法と知識で解くことで  安定した得点が取れるようになります。
◎短期集中・県相への数学講座
県相受験のために数学の得点力を上げたい方のための短期講座です。2時間✕4日間で弱点を潰すための徹底特訓を行います。数学を学習するとは、問題を解くとはどういうことかを体験してもらいます。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM