残席状況 個別演習科 月・水・金 20:25〜3席

「理由」とは「それが無ければ結果が起きないこと」

国語の問題で非常に多いのが傍線部分について答える問題です。

 

例えば傍線部のようになる理由を答えよ、というやつです。

 

ここで正解できない生徒は例外なく理由というものが分かっていません。

 

「理由」とは「それが無ければ結果が起きないこと」です。

 

その理由を無くした時に結果が出るかを検討すれば理由かどうかが判別できます。

 

自分が「ここか?」と思うところを本文中に探したら

 

必ずこの検討をして下さい。

 

それだけでも正解率が少し上がります。

 

方程式で答えが出たら検算をするために代入してみるようなものです。

 

細かい確認作業の精度と速度を上げるためにも、演習量がある程度必要です。

 

量をこなさず質を求めるなかれ、です。

 

 

お問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


数学は定期試験範囲まで終了 英文法もゴールが見えた

県相進学科の授業日でした。

 

今日で数学は定期試験の範囲まで終了です。

 

後はひたすら演習で積み重ねられるように基礎の煉瓦は積んでおきました。

 

解説中もこれまで学習してきた事柄の確認に9割の力を注ぎました。

 

新しいことは1割だけです。

 

結果として塾長が「つまらん!」と叫んでは塾生が笑っているという図でしたね。


後半は英文法解説を久々にやりました。

 

これまた既習の文法事項を生徒に指名確認しながら織り交ぜて話し、

 

重要な新しい内容は1割にとどめて話を進めました。

 

あまり多くの新しい事をやっても、消化不良に終るタイミングには良くないですから。

 

定期テスト明け当日でもいつも通りに授業を受けた共和中の生徒より

 

テストでも何でもない中央中の生徒の方が疲れていたのはなぜでしょうか?

 

とは言え今日やった内容は定期テストにも県立高校入試にも出題される

 

典型的な問題ばかりですから、必ず復習して来週に備えましょう。

 

授業の冒頭で話したとおり、11月の定期テストが内申点への最後の大あがきです。

 

そのために残りの日数を毎日使うんだ、と意識して望んでいきましょう。

 

カウントダウンですよ!

 

 

 

お問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


楽をする

効率良く学力を下げるには楽をするのが一番です。

 

学力が低かったり伸び悩む生徒は例外なく楽をしています。

 

途中式を書きません。図を書きません。

 

試しに式を書いて計算をしません。

 

傍線部しか読みません。単語や漢字は覚えません。

 

復習をしません。地図帳を開きません。質問をしません。

 

徹底して色々なことをやりません。楽をします。

 

楽をすることのみに徹底します。

 

表情筋が緩いのもすぐに目につきますね。

 

表情を出すのさえ楽をしようとしているのです。

 

話していても文で話さず、途中で話すのを止めたり、

 

単語で相手に意図を読み取ってもらう楽をします。

 

声をきちんと出して相手に伝えようとはしません。

 

省エネで物事に望むのが楽をする姿勢だと思っています。

 

これだけ徹底すれば、順調に学力を下げることが出来ますね。

 

学力を下げたい方はぜひ、楽をして下さい。

 

 

お問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


怒られるのは簡単なことのみ

今日は珍しく複数の生徒を怒りました。

 

青木学院で怒られるのは簡単なことをやらなかった時です。

 

忘れ物をする、などはその最たるものです。

 

特に、無いとどうしようもないものを忘れた場合には酷く怒られます。

 

講義授業で使うテキストを忘れた場合には、

 

忘れた報告を聞きはしますが「はい、報告は聞きました。」

 

とだけ言われてフォロー無しです。

 

無論報告をしなかった場合には酷い目に遭います。

 

しかし、難しいことが出来なくて怒られることはありません。

 

初見の問題で解法が分からない場合に質問して怒られることはありません。

 

難しいと感じた言葉を質問して怒られることはありません。

 

初めてであった言葉ではないのに質問して怒られることは、よくあります。

 

質問しないことは最高に怒られます。

 

決して手取り足取り上げ膳据え膳の塾ではありません。

 

自主性がある、自主性を育てたい人間以外には厳しい塾です。

 

 

お問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


2016年09月25日のつぶやき

12:42
結論ありきでデータを用いたり話したりする例。 受験前の「部活引退」がどうにも早すぎる 日本スポーツ界の巨大な損失? | 「走り」を制する者は仕事を制す - 東洋経済オンライン https://t.co/DUPEV8OUiN @Toyokeizaiさんから

楽しもうと考える

楽しもうと考えることは学習において大事です。

 

どうやれば楽しく勉強出来るかを考えながら勉強して行く姿勢です。

 

どうせつまらない、と決めつけては楽しむことにはほど遠くなります。

 

それよりも、楽しくなるための工夫をして、楽しむための気持ちをもってやりましょう。

 

例えば自分を褒める考えを持つ、達成感を味わう仕掛けを作る手があります。

 

毎日英語の教科書を音読することは英語の上達に効果的です。

 

ここに「毎日シールを貼って継続を自分で確認できるようにする」ことで

 

自分は今日も頑張ったのだ、と褒める機会が作れます。

 

「英語の音読に目標タイムを設定して挑戦する」ことで

 

タイムクリアの喜びを感じる機会が作れます。

 

どちらもちょっとした工夫で自分を励まし楽しむことが出来るようになります。

 

その手間さえも惜しいならば?

 

全て他人にやってもらうことで楽しみたいという悪い意味での受け身人生ですね。

 

それで楽しくなる人もいるのかもしれませんが、塾長にはよく分からないです。

 

 

お問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


2016年09月24日のつぶやき

15:58
RT @sigma_seminar: まぁ中学生よりは高校生に多いんだけど、「部活が忙しくて、勉強にはまるで手が回っていません」って子を見ると、「で、その”自分が進んで参加している楽しみの時間”と”自分の将来に繋がる勉強時間”とを天秤にかけたとき、どっちの方が優先順位高いの?」…
15:57
部活の顧問の先生が何を言おうと、先輩同級生後輩の学力がどうであろうと、ある一人の生徒の学力や心がピンチであるなら「部活行ってる場合じゃねぇ!」と言う。そこで休部・退部するしないはご家庭の判断だけど、とりあえず言う。塾だから。 https://t.co/Snxgb480xT
15:51
昨日もほぼこういう主旨のことを生徒に話していた。違うのは、僕の方がもうちょっと語り口が生々しく言葉遣いの品が無いところだ。
15:49
RT @sigma_seminar: 『一度始めたことは最後までやりきること』はそれだけでも美徳とされがちだけど、ときにはやってること自体に疑問を持って、続けるべきかスパッと切るべきかをきちんと判断し、場合によっては方向転換するってのも大切なことだと思うのよ。
15:48
RT @sigma_seminar: 「雰囲気もよく、週に数回カラダを動かして気分を変え、その分勉強もしっかり集中してやれる」っていうなら続けることには大いに意義はありそうだけど、「毎日毎日さほど行きたくもないのに義務で行かざるをえない。もう疲れた。」ってのならパッとやめて他の…
15:48
RT @sigma_seminar: 極端な話、「部活を続けていた方が高校入試で有利」というのがもし正しかったとしてもだ、じゃぁその「有利」ってのは何点分に換算されるのか。 3年間、放課後練習と朝練とを繰り返して体力使い果たしてろくに勉強できないのと、その時間きちんと勉強して点…
15:48
RT @sigma_seminar: 部活を続けようかやめようかと言っている生徒に話しているのは、「”続けたると得られるもの・失うもの”と、”やめたら得られるもの・失うもの”をきちんと自分の中で測って、その上でどっちが大きそうか考えろ」ということ。 なんでもかんでも「最後まで続…

麻溝台 弥栄 二次選考

県立相模原高校ではありませんが、同じく相模原市内で上位高とされる

 

麻溝台高校と弥栄高校の二次選考についても考えてみましょう。

 

2016年春の入試の結果を検討すると、

 

麻溝台高校に二次選考で合格した生徒はおおむね

 

285点を越えている生徒であると考えられます。

 

偏差値換算するとおおよそ53程度でしょう。

 

実際にはこれより高い得点で合格している生徒の方が多いですから

 

あくまで最低限の目安と言えます。

 

300点は安定して超えられる学力があれば二次選考でのチャレンジも検討というところです。

 

 

普通科が新設される弥栄高校の場合には、

 

蓋を開けてみないと分からない要素が大分多くなります。

 

国際・理数のようにはっきりと得意教科があって進学希望先も意識されている状態と

 

多くの生徒に門戸を開く普通科とでは変化が出る可能性があるからです。

 

普通科の元となる国際・理数のデータを検討すると、

 

700点満点換算の470点を超えている生徒が二次選考で合格しています。

 

麻溝台高校との比較用に500点満点に換算すれば335点程度となりますので、

 

新制度での受験生の層もこのぐらいになるのではないかと考えられます。

 

 

 

お問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


相模原高校 二次選考

県相・県立相模原高校に進学したいけれども

 

内申点がどう考えても不足しているということもあります。

 

その場合には定員の10%枠である二次選考を狙うことになります。

 

毎年入試の難易度も倍率も違うので一概に言えませんが、

 

前回の入試データを参考にすれば、

 

県相合格の二次選考最低点は380点付近であると考えられます。

 

5教科総合で模擬試験の偏差値で言えば65ぐらいのところです。

 

秋までに受けた神奈川県入試型の模擬試験で65に到達したことが複数回有れば

 

二次選考にチャレンジしてみる出願もありになるでしょう。

 

あるいは初見の過去問で400点を安定してとれるなら、というところです。

 

無論できれば一次選考で合格するほうが安全ですから

 

県相志望の中3諸君は内申点41を目指して定期テスト対策にも励んで下さい。

 

さらに希望を言えば、定期テスト対策に励むことなく450点を狙えるぐらいの

 

骨の太い学習を日頃から行って欲しいものです。

 

 

 

お問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


ご家庭では応援して下さい

生徒の学力が伸びる傾向が強いご家庭では

 

親御さんから子供への声かけは応援の方向が多いです。

 

頑張っているところを認めて、ぜひ支援の姿勢を見せて下さい。

 

学習についてどこを直せばいいかは、塾で指導をします。

 

「やってないのか」「やらないのか」等とマイナスの方向ではなく

 

「今日も頑張ったね」「やるならちょっとテレビ消すけど何時からやるの?」

 

などのようにプラスの方向のアプローチをして下さい。

 

塾や学校でそれなりに気を張って帰宅したら

 

また親から問い詰められる、叱られる、では子供達の緊張が続きます。

 

それは長期戦としての受験戦略には向きません。

 

「やれている」事実を、そのまま評価して下さい。

 

たとえ1時間であっても、その1時間を認めて下さい。

 

そこを「1時間しかやってない」「60点しかとれてない」と言って追い詰めて

 

そこから伸びやすい子供は相当タフなメンタルの持ち主です。

 

我が子がタフかどうかは、お母さんお父さんが一番ご存知でしょう。

 

塾長は、ごま油を絞るようにじわりじわり圧力とかけていく方向から応援します。

 

 

お問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>
twitter!
miz_1149をフォローしましょう
短期集中講座
◎県相受験への国語/大学受験への国語  2時間×5日間で県相受験・大学受験のために必要な国語の解法のコツをお伝えします。  他の教科は順調なのに、国語だけがどうしても!という生徒を募集します。  国語を感覚で解かず、理屈と手法と知識で解くことで  安定した得点が取れるようになります。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM