残席状況 個別演習科 月・金20:00〜3席 火・木19:00〜3席

お手紙を渡さない、と

 お手紙をですね。
子供が親に渡さない、と。

ということはですね。
学校からのお手紙も渡ってないこともあるし、
学校の先生の話も聞き逃していることもあるし、
学校の先生の発言行動を軽視していると言うことだと。

そういう子育てで、良いのかと。
だめじゃないかなと。

痛い目を見ないで生きてきたのでしょうかねと。

青木学院はしっかりやらないと
痛い目を見る塾なのですよ、と。

あくまでも、がんばる子供たちの集団ですよ、と。

ごね

 効率よく学力を下げるには子どもの性格を利用するのがおすすめです。

「うちの子どもはわがままだから」という場合には、そのわがままを尊重しましょう。
周りの大人がわがままをきいていけば、子どもはごねればわがままが通ると学習します。
気に入らないことがあったら、ごねてしまえばいいわけです。

学校の先生にもごねて、社会にもごねて、もちろん身近な大人である親にもごねて。

そういう状態では学習において最も重要な(と塾長が考える)
「勇気と素直」の領域から効率よく遠ざかることが出来ます。

覚えたくないものはごねて覚えず、解きたくないものはごねて解かず、
さらには気に入らないクラス分けもごねて従わず。

素直な心じゃなくて学習量が増やせるでしょうか。
素直な心じゃなくてスムーズに理解できるでしょうか。

じゃあ、こういう性格を作れるのは誰でしょうか。
もちろん親です。
親が子どもにごねることを教えて、ごねたら子どもの要求を聞き入れる。
コレを繰り返せば子どもはわがままに育ちます。
「私は別にそんなつもりで子どもを育ててはいない」という方もいるかもしれません。
でも、目の前のあなたの子どもがどう育っているかだけが真実です。



*ちなみに塾長はいっさい「ごね」を受け入れません。

自分が正しいと思おう

 いついかなる時でも自分が正しいと思う。
他人と意見が食い違って不愉快になったら、自分が正しくて相手が間違っていると思おう。
他人の注意とか耳が痛い意見は無視しよう。
だって相手が間違っていて、自分は常に正しくて何も帰る必要がないのだから。
自分が結果を出せていないときにも?
そう。自分が結果が出せていなくても悪いのは周り。
自分は何があっても悪くないって思おう。
そうすると確実に成績が伸びないからね。

他人事のように語ろう

 効率よく学力を下げるには、何事も他人事のように語ろう。

「まぁそうですね」これ。

あいまいにぼかしつつ、相手に判断を委ねよう。
断言しないで行こう。
断言して断固たる意思を持ってはいけない。
あいまいにぼかしておくことで思考を停止しよう。
判断根拠を持つことを避けよう。
明確な判断根拠を探して解答する癖をつけると、
学力がどんどん上がってしまう。

他人事のように距離を置くことで、自分の問題とは考えないようにしよう。
自分の問題だと考えたら学力が上がってしまう。
効率よく学力を下げるには、何事も漠然と語ろう。

いらいらさせる

 他人をいらいらさせよう。
後ろ向きになったり、すねたり、やる気をなくしたりしよう。
そうやって周りの人をいらいらさせよう。
特に大人をいらいらさせよう。
試験の仕組みは大人が作るんだから、
勉強を教えるのは大人がやるんだから、
そういう人間をいらいらさせることが出来たら、
効率よく学力が下がるよね。

自分に都合よく決め付ける

 効率よく学力を下げるには、決め付けることが重要です。
テキストに書いてあることを探させられても、
指でテキストの本文をじっくりとたどったり音読したりしないことです。
探すのはとても面倒ですから、ぱっと見で「書いていない」と決め付けましょう。
また、決め付けてはいけない、よく読みなさい、と指導されても、
新しい自分になるのはとても面倒ですから、
自分に都合よく「そんな指示に従う必要はない」と決め付けましょう。
これらを根気よく繰り返していると、いつか自動的に成績が上がると、
自分に都合よく決め付けましょう。
これは、かなり効率よく学力を下げることが出来ます。

勉強が出来るようにならない9大理由

 〜勉強が出来るようにならない9大理由〜
1.読まない;
   教科書・参考書・問題文などを読まない。読む気などさらさらない。
2.調べない;
   教科書・参考書の太字や公式など最低限の内容も自分で調べようとしない。
3.試さない;
   学習法を教わっても、面倒くさいなどの理由で実行しない。する気もない。
4.覚えない;
   塾や学校で先生から聞いて、楽して得た答えは身に付かないから、すぐに忘れる。
5.説明できない;
   何を考えているか、どうしたいのか、第三者に正確に伝えられない。
6.理解力が足りない;
   実は理解力以前の問題で、なんとかして理解しようとさえしない。
7.人を利用することしか頭にない;
   他人に聞いたり、他人にやってもらってその場を乗り切ろうとする。
8.感謝しない;
   教えてもらって当たり前。塾や学校に行けて当たり前だと思うからがんばらない。
9.逆切れする;
   自分が勉強が出来ないと、学校や先生や塾や親や社会や問題や友達のせいにする。


思い当たることがあるうちは、効率よく学力が下がります。
どうですか?

理由なく反抗しよう

 何か注意されたら、むかっとするよね!

そんなときは、何故注意されたかとか難しいことは考えないで、

とりあえず理由なく反抗しよう!

自分の勝手な判断だけでいいから、反抗しよう!

試行錯誤とか工夫とかしないでいいから、とりあえず口答えしよう!

他人の指導とか、どうでもいいよね!

自分より目上の人間だろうが、注意する方がおかしいよね!

言葉遣いとか注意する方がウザいよね!

とりあえず、理由なく反抗しようね!

考えたらダメだよ!

勉強の優先度を下げよう!

 勉強より大事なものなんて、いくらでもあるよね!

夏休みだし、プール行かないとね!

勉強はいつでも出来る(ここ重要!)けど、プールは夏だけだからね!

テレビも特番が多くて見逃せないよね!

夏休みは夜更かしのチャンスだから、深夜番組を見るチャンスだよね!

友達も大事にしないとね!

友情は一生の宝物だから、いつだって最優先して行動だよね!

部活の練習や大会もいっぱいだよね!

青春は一回しかないから、部活動での思い出っていっぱいの方がいいよね!

恋愛だって大事!

彼や彼女とのデートと勉強なんて、比べるまでもないよね!

勉強なんて、優先度低いよね!低すぎるよね!

「何でもいい」と言おう!

「何でもいい」と言おう!

何かを決めるために頭を使うなんてめんどくさいよね!

めんどくさいことはやらない方がいいよね!

何か聞かれても、「何でもいい」と言っちゃおう!

「何食べたい?」「何でもいい」

「どこ行きたい?」「何でもいい」

「何になりたい?」「何でもいい」

いつでも使える魔法の言葉!「何でもいい」

頭なんて使っちゃダメだ!疲れちゃう!めんどくさい!

頭を使わないでいいから、どんどん学力が下がるよ!



calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
twitter!
miz_1149をフォローしましょう
◎短期集中・受験への国語講座
 2時間×4日間で県相受験・大学受験のために必要な国語の解法のコツをお伝えします。  他の教科は順調なのに、国語だけがどうしても!という生徒を募集します。  国語を感覚で解かず、理屈と手法と知識で解くことで  安定した得点が取れるようになります。
◎短期集中・県相への数学講座
県相受験のために数学の得点力を上げたい方のための短期講座です。2時間✕4日間で弱点を潰すための徹底特訓を行います。数学を学習するとは、問題を解くとはどういうことかを体験してもらいます。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM