残席状況 個別演習科 月・金20:00〜3席 火・木19:00〜3席

繰り返さずに身につくことはあまりない

生徒の演習プリントを確認した後に尋ねます。

 

「次に同じような問題を解いたら勝てますか?」

 

おそるおそる肯く生徒に、ニヤリと笑って同じ範囲のプリントを渡します。

 

このやりとりはよくあることですが、

 

この状態で実力がある程度完成している生徒はいません。

 

間違い方や解説に対するリアクションを見ていれば

 

「ああ、この子は次は大丈夫だな」

 

「ん、これはもっと演習が必要だな」

 

というのは分かります。

 

塾長が次を用意している時点で、大体は未完成なのです。

 

それが分かった上で演習を重ねてもらえれば

 

少しずつ空いている穴がふさがっていきます。

 

ムラのある状態が均一になっていきます。

 

ほとんどの生徒は全くもって学習量が足りません。

 

二度や三度解いただけで身につくのであれば

 

学校の定期テストの点数はもっと平均点がよいでしょう。

 

むろん、そもそも二度解いていない生徒がある程度いるにしてもです。

 

これまでの学習習慣の欠点は、一朝一夕には直りません。

 

表面上直ったとしても、手を抜いた勉強で損なわれた学力は

 

簡単には穴埋めできないものです。

 

それをきちんと立て直すには、相応の学習量が必要です。

 

繰り返して学習していくこと抜きに、学力育成はできないのです。

 

それは毎日の生活の中で取り戻すべきものなのです。

 

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


5回演習

今から定期テストを見据えている生徒がいます。

 

学校の授業の進み具合を確認して、

 

該当する範囲に絞って演習を5回行いました。

 

今回は同じ問題集ではなく、違うものを5種類です。

 

繰り返して少しずつ違う角度から一つのテーマに挑むことで

 

少しずつ螺旋のように理解が進んで行くのを感じてもらえたでしょうか。

 

読解の方法論は重要です。

 

しかし、一つのテーマに対して理解を深めることもまた、

 

別のテーマに対して理解する力の素材となります。

 

もちろん、違う問題集を通して共通したミスがあれば

 

それは自分の明確な弱点だと分かることも良い事です。

 

あとはその弱点を丁寧に潰していきましょう。

 

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


GWは『3月のライオン』を

さて、明日からは本格的なGWです。

 

ほぼ毎年のようにGWのおすすめ映画を出していますが

 

今年は「3月のライオン」でしょうね。

 

生きるためにそれしかなかったという

 

ある意味の絶望の中で将棋と向き合わざるを得なかった主人公が

 

どのように将棋と生きることを選び直すのかという映画です。

 

将棋のルールがわからない人が観に行っても構いません。

 

演者さんの表情がすべて教えてくれます。

 

むしろ演者さんの表情から何を読み取るかの

 

非常にいい実例になってくれる映画です。

 

お話も非常にしっかり原作を咀嚼してあります。

 

一部塩梅は違いますが、特に食事を大事に描く様子を観て下さい。

 

主人公がどのような場面でどのようなものを食べているかで

 

主人公の心情と状況を描くのは良い映画の基本です。

 

そういう読み解きが、国語の小説問題にも応用できます。

 

目標と努力との向き合い方も含めて、

 

何かに挑むすべての人が観てみてほしい作品です。

 

もちろん、原作も素晴らしいです。

 

連休のおともにどうぞ。

 

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


範囲指定される前からワークを

学校で配布されるワークはテスト範囲の一部として使われます。

 

しかし、テスト範囲として発表される前から手を入れて

 

何も悪いことはないはずです。

 

学校の授業の進度に併せて

 

日ごろからコツコツやりためておきましょう。

 

最初の一回はワークにじかに書き込まない手があります。

 

最近では回答用に別冊ノートがあるワークもありますね。

 

いずれにせよノートに書き込んで、

 

ワークの問題を正解できるかどうかを分類します。

 

そして、弱点になる問題が判別出来たら

 

最初の一回の終了です。

 

弱点の問題を中心に何度も復習して、

 

出ている問題がすべてできるようになることを目指すのです。

 

その先に、高得点の道はあります。

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


出張です

出張で久しぶりに遠出をしました。

人生初めての沖縄です。

他県の塾の先生と色々お話をするためです。

自分と全く違うスタイルで戦っている先生達のお話は

自塾を振り返る大きな糧になります。

普段ネットで交流を持っている先生達の

生の声で細かいニュアンスを得られる訳ですから。

いつも暮らしている街を離れて色々考えると

またやはり思うことも出てきます。

特に思うのは、生徒に広い世界に出て貰いたいということでした。

地元で暮らすのは楽で良いです。

しかし、違う世界に身を置かねば分からないことがたくさんあります。

その広い世界に出るための力をつけて貰うために、指導をせねばと

遠い空の下で海を観ながら決意を新たにしました。

矢部に帰ったら、またコツコツやります。


お問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


音読チャンス

今日からのゴールデンウイークは、最高の音読チャンスの1つです。

学校の進度も遅くなりますし、時間もあります。

まだ新学期が始まって間もないので、練習対象のページも短く

心理的にもハードルが低く取り組めます。

まずこの土日に、一学期の既習ページをガンガン読みましょう。

土曜日に10回、日曜日にも10回です。
来週の5連休には、さらに先に進んで読むのも良しです。

中2、中3は前の学年の教科書の通読をやるのも良いですね。

とにかく読みまくりましょう。

やってみると、案外短い時間で済むことが分かるはずです。

そうすれば、音読を日々の学習に組み込みやすくなります。

好機が目の前にぶら下がってるのですから、全力で飛びついて下さい。

これを夏休みまで先延ばしすると、ちょっとハードルが上がってしまいますからね。


お問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


2017年04月28日のつぶやき

15:38
事前に想定しておいたとおりに行動できないことはよくあることだ。だから、想定を最悪のちょっと手前ぐらいに置いておくのはどうだろうか。少なくとも最善に近いところを想定しておくのは、ちょっと危険だと思う。

4月度終了です

本日で4月度の通常授業は終了です。

 

教室はしばらくGWのお休みとなります。

 

と言っても、出張やセミナーやGW特訓講座で

 

塾長はいつも通り動いています。

 

むしろGW特訓講座の間は、いつもより長く教室にいるぐらいです。

 

学力が上がる原因を作ってもらいます。

 

学習するのだと意思表明してくれた生徒がいますからね。

 

前に進もうとする生徒の手助けが仕事です。

 

やる必要がある人はやればいいのです。

 

逆に言えば、やる必要のない人はのんびりしてもいいのです。

 

せっかくの連休ですからね。

 

家族でのお出かけも良し、部活動に精を出すも良し、

 

読書にふけるも良し、楽しい映画を見るも良し。

 

地下でも良し、野外でも良し。

 

もちろん、大量演習も良しなのです。

 

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


伝わっている

毎日のようにブログを更新しています。

 

そのことそのものに果たしてどのぐらい意味があるのかな

 

と思うこともありますが、習慣としてやっています。

 

でも、やっていて良かったな、と思うこともあります。

 

保護者さんと面談をした時などに、

 

あるいは生徒と話している時に、

 

ブログに書いてあったことを話してくれることがあります。

 

ああ、伝わっているのだな、と嬉しくなります。

 

学力をつけること、自分の行きたいところへ行くための力をつけること、

 

そういう事を考えて指導をして、ブログを書いています。

 

どの塾でも割とそうだと思うのですが、

 

塾の先生の余談の部分と言いますか、鯛焼きのフチの部分と言いますか、

 

そういうところまで味わっている生徒は学力が伸びるのですよね。

 

塾長のイズムが染みこんでいる生徒は、強いのです。

 

逆に言えば塾長のイズムこそが塾の肝なのかもしれませんね。

 

私は、毎日子供達に、お母さん達に、お父さん達に伝えたいことで頭がいっぱいです。

 

今日もついつい、文房具の話まで行ってしまいました。

 

いやでもね、これは本当に地味ながら良品なのですよ。

 

GW中に記事にしたいと思います。

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


知っているようで知らないのです

中3の県相進学科の授業です。

 

生徒達に「a lot of」を知っているかと尋ねると

 

無論知っているという反応が返ってきました。

 

では「lot」とは何かを尋ねると

 

全くこれまで疑問に思っていなかった様子です。

 

生徒達は、いえ、私達は知っているようで知らないのです。

 

常に小さな所にも疑問を持ち、調べ、追求しましょう。

 

そのためには身の回りのことにどんどん興味を持つべきです。

 

自分がこれまで身につけたものだけに終始するのではなく

 

少しずつで構わないのでこれまで触れていないことにふれましょう。

 

どんなことでも「これは何?」「これはなぜ?」

 

と考えていきましょう。

 

答えが分かる時、出る時もあればそうでない時もあります。

 

調べて分かることもあれば、調べた結果がよく分からないこともあります。

 

でも、いいのです。

 

それでも問い続ける姿勢を育て続ければ

 

それはこの先の学業で大きな力になってくれますから。

 

授業ではそういう話をして、lotの意味や構造を説明していきました。

 

毎日疑問を増やして、毎日賢くなりましょう。

 

 

今年もGW特訓をやります。

 

5/3-5/7の連休中に演習授業を行います。

 

厚木高校に合格した生徒も受講した特訓授業です。

 

不得意科目をこの連休にしっかり演習することで

 

単に不得意だという意識ではなく、

 

どこを改善すべきなのかを具体的にわかってもらいます。

 

その上で、弱点を修正するための演習を行います。

 

ダラダラと連休を過ごさないためにも志望校合格のためにも、

 

全力で学習したい生徒をお待ちしています。

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
twitter!
miz_1149をフォローしましょう
短期集中講座
◎県相受験への国語/大学受験への国語  2時間×5日間で県相受験・大学受験のために必要な国語の解法のコツをお伝えします。  他の教科は順調なのに、国語だけがどうしても!という生徒を募集します。  国語を感覚で解かず、理屈と手法と知識で解くことで  安定した得点が取れるようになります。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM