残席状況 個別演習科 月・金20:00〜3席 火・木19:00〜3席

火曜日木曜日は混雑中です

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

 

きちんとしたラーメン屋さんが寸胴でスープを取ると、

 

自ずと提供できる杯数には限界が決まります。

 

無闇にスープを作る量を減らすことは

 

材料の吟味や処理の手間が増えて味が変化したり、

 

作ったスープの管理がうまくいかないこともあるそうです。

 

繁盛店に対して「もっと準備して売り切れないようにしてほしい」

 

と思うのは我々消費者の心理ではありますが、

 

杯数を増やして味が落ちては長期に渡って愛される店にはなりませんね。

 

 

青木学院の火曜日木曜日の夜は混雑中です。

 

ともに後1、2席というところです。

 

入塾をご検討の方はお早めにご連絡をいただくか、

 

比較的空いている月曜日金曜日をご検討いただくことになります。

 

小さい塾ですから無闇に生徒数は増やせません。

 

長期に渡って愛される塾になりたいと考えていますからね。
 

19時以前の時間帯はまだ余裕がありますので、

 

小学生・部活に参加しない中学生におすすめしております。。

 

 

今年も夏期数学特訓を開講します。

 

演習を重ねることで理解を深め定着を増し、得点アップを狙います。

 

考えて解くという当たり前のことができていないから点が取れないのです。

 

その当たり前を身につけるために練習するのは時間がかかります。

 

だからこそ、長期休暇に取り組んでもらいたいのです。

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


2018年07月02日のつぶやき

18:04
「どの式を使えばいいか分かりません」という状態なら具体例を書いて考えろとあれ程言っているのに書かないので、めげずに今日も言い続けるのがマイビジネス。
16:27
RT @mainichi: 【速報】「笑点」で長く親しまれた落語家の桂歌丸さんが亡くなりました。81歳でした。 https://t.co/JzCqgKvTWD

日常が答案に出る

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

 

日常が答案に出ると常に考えています。

 

日常の学習答案で丁寧さが欠けているのに

 

試験の時に丁寧に答案を作れる理由はありません。

 

今回大失敗した生徒は、まさにこれでした。

 

普段から注意されていることを直さない結果です。

 

受験には間がある生徒なので、

 

今回は痛い目を見てもらう予定でしたが、

 

それでもやはりあの答案は悲しいものです。

 

生徒と一緒に検討しながら今後について話し合いました。

 

次勝てば良し、を目指して夏を過ごしてもらいます。

 

振る舞いや行動は習慣が現れるものですから、

 

一朝一夕には修正できません。

 

それを何とかする意味でも夏期特訓は絶好の場面になってくれるはずです。

 

 

今年も夏期数学特訓を開講します。

 

演習を重ねることで理解を深め定着を増し、得点アップを狙います。

 

考えて解くという当たり前のことができていないから点が取れないのです。

 

その当たり前を身につけるために練習するのは時間がかかります。

 

だからこそ、長期休暇に取り組んでもらいたいのです。

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


2018年07月01日のつぶやき

12:01
「この問題を特にはどうしたらいいのか」という質問にはAIで割と簡単に対応できる未来が来るのではないかと思うが、「なぜこの解き方ではいけないのか」という質問はまた別のレベルで進化が必要なのかなぁ。

悪口を言われて我が身を正すことができる人間は幸せである

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

イギリスのこんな言葉を知ってる?

 

「悪口を言われて我が身を正すことができる人間は幸せである」

 

ウィリアム・シェイクスピアの言葉ですね。

 

 

塾長は別に悪口を言う事はありませんが、

 

やってはいけないことやダメな現状は指摘します。

 

そこを改善すれば必ず伸びると考えるからです。

 

大事なのは伸びることであって、それ以外ではありません。

 

もちろん自分が快適なままで伸びていくことができれば、

 

それもまた伸びていくことなので大正解です。

 

相手が悪意を持って発している言動ならば別ですが、

 

そうでない厳しい言動に対してどう捉えるかは

 

自分の心がけ一つで大きく色が変わる話です。

 

楽しんで「苦労」をして下さい。

 

目的に向かうそれを、人は「努力」と読んで褒め称えます。

 

 

今年も夏期数学特訓を開講します。

 

演習を重ねることで理解を深め定着を増し、得点アップを狙います。

 

考えて解くという当たり前のことができていないから点が取れないのです。

 

その当たり前を身につけるために練習するのは時間がかかります。

 

だからこそ、長期休暇に取り組んでもらいたいのです。

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


2018年06月30日のつぶやき

12:47
うちの塾に絶対来いなんて言わないから、さっさとどこかの塾に入ってその塾のやり方でガンガン勉強すればいい。やった分なんぼか学力が上る可能性がある。少なくとも塾探しだの塾選びだのをやってる間は学力が伸びないし、そもそも今点数が悪いんだから猶予はないでしょう。選ぶのはもっと早期ですわ。
12:43
最近転塾についてのお話を複数相談されたけど、どちらも「月謝の引き落としを過ぎているのでできないと言われた」という話だった。「辞めたい」と言われた人間に在籍されていても当人もいい気持ちじゃないんだから、手数料精算してさっさと返金したほうが幸せな人は増えるんじゃないのかな。
12:41
「やる気が出ないからやらない」は構わない。でも、やらない未来に何が起きるかとか、試験の日はほぼ決まっていて確実にやってくることとかを全部受け止められるならやらないで構わないだけ。ペンを手に取ることができる程度の物理的能力があれば、やればいい。
12:38
RT @ILM_Motomachi: 退塾したいと伝えるとき「期日を過ぎているので翌月分の授業料は頂戴します」と言われることがあるかもしれません。その場合は「特定商取引法第41条の定める事業者である貴塾との契約解除を求めますので同第49条に適法にご対応ください」と伝えてください…
12:38
RT @sigma_seminar: やる気あるとかないとかわざわざ言及せんでもいいから、とりあえず、今やれることをちゃんとやれや、とか思いますわぁ。。。
12:38
RT @sigma_seminar: よく「やる気はあるんですが」みたいに言われることあるんだけどさ、 ・説明してもうわのそらでまるで話聞いてない ・取り掛かるまでに筆入れの中身出したりしまったりしてやたら時間かかる ・指示した内容終えてもぼけぇーと待ってる みたいな状態のどこ…

早い・速い

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

夏を前に面談のご家庭も相次いでいます。

 

ありがとうございます。

 

 

今日のご家庭はとても動きが素早いお話でした。

 

電話で打診→即日面談→夕方には入塾決定です。

 

ご家庭の方針がしっかりとあって、子供の目標がはっきりとしていて、

 

改善していくポイントが見えて、関係者全員の覚悟があれば、

 

このぐらいのテンポで進みます。

 

志望校合格のために学力を上げる必要があるのですから、

 

学習量を稼いでいくことが大事です。

 

締切に当たる試験日はもうほぼ決まっているのですから、

 

学習量を稼ぐためには素速くスタートするのが上策です。

 

そのためにも日頃の行動から早めていくというのは自然ですね。

 

 

この当たり前の手順を踏むことが子供のために大人ができる最初のことです。

 

今日のご家庭は最初は「夏期講習から」とお考えでしたが

 

塾長の面談後のお電話では「7月から」と変更されていました。

 

そう、やるなら一日も早くやって損はしないわけですから。

 

ウォルト・ディズニーは言いました。

 

「何かを始めるためには、しゃべるのを止めて行動し始めなければならない」

 

今日から、行動していきましょう。

 

それだけが生徒の未来を明るく照らします。

 

 

今年も夏期数学特訓を開講します。

 

演習を重ねることで理解を深め定着を増し、得点アップを狙います。

 

考えて解くという当たり前のことができていないから点が取れないのです。

 

その当たり前を身につけるために練習するのは時間がかかります。

 

だからこそ、長期休暇に取り組んでもらいたいのです。

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


塾長は優しい

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

夏を前に体験授業の生徒が相次いでいます。

 

ありがとうございます。

 

体験授業というものは塾にとって重要なものです。

 

将来の顧客との出会いなわけですから、

 

場合によってはとても手厚く優しくニコニコと接して

 

褒めて乗せて上げてということもあるのでしょう。

 

一方、青木学院の体験授業といえば

 

最初にテストの答案を確認しながら学習の様子を確認し、

 

「現在の問題点はこれがこのぐらい」

 

「君、なんで勉強するの?」「どんな将来を見たいの?」

 

という話をしたあとは

 

普通の塾生と同じようにガンガン問題を解いては

 

答案のプリントやノートにチェックが入って注意されるだけです。

 

いわゆる「お客様」扱いはしてないつもりでした。

 

しかし、今日の体験授業の生徒が帰った後に

 

「先生も体験授業の生徒には優しいんですね」と

 

塾生が笑いながら言っていました。

 

どうやら無意識の内に多少の遠慮があったようです。

 

塾長もまだまだ修行が足りませんね。

 

 

今年も夏期数学特訓を開講します。

 

演習を重ねることで理解を深め定着を増し、得点アップを狙います。

 

考えて解くという当たり前のことができていないから点が取れないのです。

 

その当たり前を身につけるために練習するのは時間がかかります。

 

だからこそ、長期休暇に取り組んでもらいたいのです。

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


怒られたらやらない

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

 

効率よく学力を下げるには、怒られたらやらない姿勢をとることです。

 

他人に自分の行動や思考を注意されたら、そこから逃げることです。

 

今の自分を変えてまで勉強ができる必要はないと考えるから、

 

自分は甘やかされて伸びる才能のある人間だと考えるから、

 

注意されても逃げることを選ぶんですよね。

 

あるいはそもそも「コツコツ自分を変えて伸ばしていくんだ」

 

という気概気構えがないのだから、

 

そういうお説教をする人間を疎ましく思うんですよね。

 

じゃあやはり逃げておく方が効率よく学力を下げられますよね。

 

それで入試に間に合わないかもしれませんが、

 

精神衛生上気楽に生きていく人生だってありますからね。

 

あとは、逃げながらでも学力を上げてくれる魔法のような塾が

 

世の中にはあるかもしれません。

 

すみません、塾長はそういう塾が知り合いにいないもので。

 

 

もちろん、青木学院の保護者さん、生徒諸君は違います。

 

今後も子供の泣き言よりも子供の未来を重視するご家庭と歩んで参ります。

 

今ためらっているご家庭にも、ぜひこの輪に加わっていただきたいです。

 

お待ちしております。

 

 

今年も夏期数学特訓を開講します。

 

演習を重ねることで理解を深め定着を増し、得点アップを狙います。

 

考えて解くという当たり前のことができていないから点が取れないのです。

 

その当たり前を身につけるために練習するのは時間がかかります。

 

だからこそ、長期休暇に取り組んでもらいたいのです。

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


2018年06月27日のつぶやき

17:53
「制服が可愛いからこの高校を」という考え方について「瞬間のきらめきを大事にする」ととるか「先のことはあまり考えない」ととるか。

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
twitter!
miz_1149をフォローしましょう
◎短期集中・受験への国語講座
 2時間×4日間で県相受験・大学受験のために必要な国語の解法のコツをお伝えします。  他の教科は順調なのに、国語だけがどうしても!という生徒を募集します。  国語を感覚で解かず、理屈と手法と知識で解くことで  安定した得点が取れるようになります。
◎短期集中・県相への数学講座
県相受験のために数学の得点力を上げたい方のための短期講座です。2時間✕4日間で弱点を潰すための徹底特訓を行います。数学を学習するとは、問題を解くとはどういうことかを体験してもらいます。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM