残席状況 個別演習科 月・金20:00〜3席 火・木19:00〜3席

シラバスをあてにして単語を覚えよう

中学校によっては、学習のシラバスが配布されているようです。

 

これをあてにして早速暗記を始めていけば、

 

定期テストの得点を安定させることができますね。

 

例えば英語の教科書でどこまでが定期テストの範囲になるかが

 

もう分かっているのですから、その範囲の暗記を始めればいいです。

 

1学期の間にはレッスン1〜3が対象になるでしょうから、

 

その範囲をこの週末に猛烈に繰り返すのです。

 

そういうスタートダッシュをキメる生徒はなかなかいません。

 

なかなかいないことをやれれば、突き抜けることが出来ます。

 

突き抜けた成績をとったことがないけれどとりたい人は、

 

ぜひ今週末まず頑張って下さい。

 

 

新中3の県相進学科授業を開講します。

 

個別演習授業を無制限で受講していただけます。

 

また、毎週水曜日に3時間の講義授業を行います。

 

これまで受講した生徒の進学先は

 

・県立厚木高校 ・県立相模原高校

 

・県立海老名高校 ・県立座間高校 ・県立麻溝台高校

 

などです。

 

上位高校進学を目指して十全の努力を行う生徒を募集します。

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


良いところは逃さず認める

ノートをチェックしている時に、生徒が質問してきました。

 

「先生、化学式を書く順番はアルファベット順ですか?」

 

何故そう考えたかをノートを見て確認した上で、

 

化学式表記のルールについて説明をしました。

 

そして最後に、

 

「この演習と質問で良いところが3つ有る。

 

1つ目はさっき勉強した範囲で覚えたルールから答案を作っていること。

 

2つ目はその上で自分の間違えた問題についてただ○×をつけたり

 

正解を書き込むだけではなく、ルールを考えたこと。

 

3つ目はそれをきちんと僕に質問してくれたこと。

 

そういう風に勉強していてくれれば、必ず点数も上がるからね」

 

と伝えました。

 

ノートに正解が並ぶことはもちろん意味があります。

 

しかし、間違えた時に何をするのか、どう間違えるのかということからも

 

私達は多くのことを学び、賢くなれます。

 

間違えたら怒る、出来たら褒めるだけでは子供は伸びません。

 

良いところは逃さず認める大人に囲まれてこそ、

 

子供たちの健全な成長があるのです。

 

 

新中3の県相進学科授業を開講します。

 

個別演習授業を無制限で受講していただけます。

 

また、毎週水曜日に3時間の講義授業を行います。

 

これまで受講した生徒の進学先は

 

・県立厚木高校 ・県立相模原高校

 

・県立海老名高校 ・県立座間高校 ・県立麻溝台高校

 

などです。

 

上位高校進学を目指して十全の努力を行う生徒を募集します。

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


県相進学科 初回講義

県相進学科の初回講義授業を行いました。

 

久しぶりの講義授業でしたが、いつもどおりに複数教科の知識をつなげて

 

筋道立てて考えて理解することを目指した授業としました。

 

ある意味では直接教科書で触れていない内容を、

 

教科書の内容を通じて縫い合わせていくことで

 

生徒たちに知識をつながったものとして扱えるようになってもらいたいです。

 

これまで個別演習科で説明してきた事柄が、

 

ここからの授業でつながっていくのを感じてくれると思います。

 

まずは「要素と構造」についての説明をしばらく続けます。

 

全てはここからです。

 

 

新中3の県相進学科授業を開講します。

 

個別演習授業を無制限で受講していただけます。

 

また、毎週水曜日に3時間の講義授業を行います。

 

これまで受講した生徒の進学先は

 

・県立厚木高校 ・県立相模原高校

 

・県立海老名高校 ・県立座間高校 ・県立麻溝台高校

 

などです。

 

上位高校進学を目指して十全の努力を行う生徒を募集します。

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


教えすぎないから生徒が考える

何事につけそういうことはありますが、

 

「手をかけすぎては自立しない」というのは教育の基本の一つです。


先生というのは質問をされると嬉しいものです。

 

その嬉しさのあまり親切丁寧に教えすぎると、

 

時には生徒は自分の頭で考える量を減らしてしまうものです。

 

説明を聞いて分かったつもりになってしまうパターンです。

 

世間一般の指導にありがちです。

 

大事なのは生徒が考える力をつけること、

 

それによって未来に待つ課題・問題に対応する力をつけること、

 

あるいは問題そのものを発見する力をつけることでしょう。

 

いずれにせよ生徒に考えて乗り越えるチャンスを与え続けるのが肝要です。

 

 

中2の生徒が英文法の質問に来ました。

 

説明すれば10秒で終わる話でしたが、

 

ここも頭を使ってもらうチャンスだと考えました。

 

「英語を気にせず、日本語の内容を10秒で絵にしてみて」と伝えて、

 

その絵を見ながら内容について質問するとすぐに間違いに気づいてもらました。

 

その間に新しく何かを教えてはいません。

 

あくまでも気づいていくプロセスを手伝いました。

 

「単語を覚えるのは基本として大事だよ。

 

でも、書いてある内容から推察できるようにしておけばなお強いよね」

 

この脳の使い方を身につけてもらえれば、今日の授業の価値が一段上がります。

 

 

新中3の県相進学科授業を開講します。

 

個別演習授業を無制限で受講していただけます。

 

また、毎週水曜日に3時間の講義授業を行います。

 

これまで受講した生徒の進学先は

 

・県立厚木高校 ・県立相模原高校

 

・県立海老名高校 ・県立座間高校 ・県立麻溝台高校

 

などです。

 

上位高校進学を目指して十全の努力を行う生徒を募集します。

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


固定概念から離れる

プロ野球ヤクルトスワローズに山田哲人という選手がいます。

 

超一流野手の証明である「打率3割・本塁打30本・30盗塁」という

 

トリプルスリーと呼ばれる成績を2年連続で残した選手です。

 

トリプルスリーを達成した選手は歴代10人しかいません。

 

それを2回達成したのですから、まさに超一流です。

 

 

そんな山田選手が、2018年4月9日現在残している打率は「1割7分2厘」です。

 

開幕して間もない時期ですが、これは大不振だと思いました。

 

しかし、彼はチームに打者として大いに貢献しているのです。

 

それは「安打数÷打数=打率」という考え方ではなく、

 

「 (安打 + 四球 + 死球) ÷ (打数 + 四球 + 死球 + 犠飛) =出塁率」

 

という考え方で捉えた場合の判断です。

 

プロ野球での平均出塁率はおおよそ3割3分前後ですが、

 

山田選手は目下4割2分9厘と、1割も上回っているのです。

 

これは、安打の少ない中で安打数の倍以上の四球を選んでいることによります。

 

安打で出塁しようが四球で出塁しようが、チームに得点チャンスが増えることが大事です。

 

そう考えると「打率」で考えがちな固定概念に縛られては

 

山田選手のような偉大なプレイヤーを正当に評価できないと言えます。

 

 

世の中には「授業=先生の説明を聞く」という固定概念もあります。

 

もちろん打率が野球にとって意味のある指標であるのと同様に

 

先生の説明を聞くことはとても大事なことです。

 

でも、固定概念に縛られることによって生徒の力が伸びないなら

 

それはそれで問題のあることです。

 

演習授業によって問題を解く経験でも、きちんと学力は伸びます。

 

大事なことは、得点チャンスを増やすことですよね。

 

 

新中3の県相進学科授業を開講します。

 

個別演習授業を無制限で受講していただけます。

 

また、毎週水曜日に3時間の講義授業を行います。

 

これまで受講した生徒の進学先は

 

・県立厚木高校 ・県立相模原高校

 

・県立海老名高校 ・県立座間高校 ・県立麻溝台高校

 

などです。

 

上位高校進学を目指して十全の努力を行う生徒を募集します。

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


今から覚えればいい

どうしても得意になりたい教科があるなら

 

テスト勉強の壮大なフライングをしてしまいましょう。

 

今から覚える必要があることを覚えてしまえばいいのです。

 

例えば漢字の問題が定期テストでは必ず出ます。

 

場合によりますが20点ほど出ることが多いです。

 

その20点を取りに行くために今から漢字の練習をしましょう。

 

まずはやりやすい読みから。そしてすぐに書きの練習を。

 

毎日やれば必ず上達します。

 

漢字でミスが5問も出るようでしたら、ぜひ今からやりましょう。

 

暗記は学習の基本の一つです。

 

覚えるべきことを覚えて、理解することを身に付けていきましょう。

 

 

新中3の県相進学科授業を開講します。

 

個別演習授業を無制限で受講していただけます。

 

また、毎週水曜日に3時間の講義授業を行います。

 

これまで受講した生徒の進学先は

 

・県立厚木高校 ・県立相模原高校

 

・県立海老名高校 ・県立座間高校 ・県立麻溝台高校

 

などです。

 

上位高校進学を目指して十全の努力を行う生徒を募集します。

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


5分だけやる

勉強ができない生徒は勉強をしていません。

 

勉強をすることを特別なことだと考えて嫌がる場合があります。

 

億劫なこと、面倒なことだと言い換えてもいいでしょう。

 

これは典型的な「ハードルの高さによって動けない」様子です。

 

こういう場合はハードルを下げて試してもらいます。

 

まず5分で出来る勉強をやってもらうのです。


5分だけですから集中力も続きます。

 

それでもやり続けたら達成感の影を踏めます。

 

5分でできることですから簡単なことに限ります。

 

それでもやり終えたら達成感のしっぽを捕まえられます。

 

それを少しずつ繰り返し、少しずつ伸ばせば学習量は増えます。

 

いきなり富士山に登ろうとしないことです。

 

 

新中3の県相進学科授業を開講します。

 

個別演習授業を無制限で受講していただけます。

 

また、毎週水曜日に3時間の講義授業を行います。

 

これまで受講した生徒の進学先は

 

・県立厚木高校 ・県立相模原高校

 

・県立海老名高校 ・県立座間高校 ・県立麻溝台高校

 

などです。

 

上位高校進学を目指して十全の努力を行う生徒を募集します。

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


個別演習で伸びる

青木学院は個別演習授業がメインです。

 

生徒一人ひとりが別々のワークの別々のページで学んでます。

 

基本的には説明を聞いている時間より、

 

ワークに向かい合って演習している時間のほうが長いです。

 

理解定着が進んでいる生徒は先に進んでスピードが上がります。

 

わかりきった内容を解説されるのを聞いたり、

 

誰かを待ったりする時間がありませんから無駄が少ないです。

 

定着が今ひとつな生徒はノートを塾長に確認されます。

 

答案を見て不足している部分を解説してもらえます。

 

考え方や解き方が定着するまでしつこく指導されますから、

 

苦手なところから逃げずに学ぶことができます。

 

塾長も集団指導の講義授業は大好きですが、

 

異なる生徒の学力をそれぞれ伸ばすことを考えると、

 

現在の個別演習形式が一つの解になる生徒も多いはずです。

 

集団で講義を聞いているだけの授業に不足を感じる、

 

徹底して学力を伸ばすために学習することを希望する生徒を

 

今年も手伝っていきます。

 

 

新中3の県相進学科授業を開講します。

 

個別演習授業を無制限で受講していただけます。

 

また、毎週水曜日に3時間の講義授業を行います。

 

これまで受講した生徒の進学先は

 

・県立厚木高校 ・県立相模原高校

 

・県立海老名高校 ・県立座間高校 ・県立麻溝台高校

 

などです。

 

上位高校進学を目指して十全の努力を行う生徒を募集します。

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


2018年04月05日のつぶやき

18:51
RT @0214sh7: https://t.co/Jsmd8qq6B7

学び続けよう

学校も新年度です。

 

学校が新しくなる生徒もいるタイミングです。

 

自分が合格した高校や大学の名前に

 

満足と誇りを感じる人もいるでしょう。

 

それはそれで良いことですが、

 

そこに安住することは悪いことです。

 

その満足が生徒を賢くすることはないからです。

 

受験勉強の終期に淡々と学び続けたように、

 

新しい学校でも淡々と学び続けて下さい。

 

小さく反復し続けることが美しい答案を導きます。

 

その先に新しい知識があり、新しい理解があり、新しい世界があります。

 

途中躓くこともあれば、理解が滞ることもあります。

 

しかし、英国の首相チャーチルは言います。

 

「成功とは失敗を繰り返しても熱意を失わない才能のことである」

 

あなたに熱意はありますか?あればあなたは成功します。

 

 

新中3の県相進学科授業を開講します。

 

個別演習授業を無制限で受講していただけます。

 

また、毎週水曜日に3時間の講義授業を行います。

 

これまで受講した生徒の進学先は

 

・県立厚木高校 ・県立相模原高校

 

・県立海老名高校 ・県立座間高校 ・県立麻溝台高校

 

などです。

 

上位高校進学を目指して十全の努力を行う生徒を募集します。

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
twitter!
miz_1149をフォローしましょう
◎短期集中・受験への国語講座
 2時間×4日間で県相受験・大学受験のために必要な国語の解法のコツをお伝えします。  他の教科は順調なのに、国語だけがどうしても!という生徒を募集します。  国語を感覚で解かず、理屈と手法と知識で解くことで  安定した得点が取れるようになります。
◎短期集中・県相への数学講座
県相受験のために数学の得点力を上げたい方のための短期講座です。2時間✕4日間で弱点を潰すための徹底特訓を行います。数学を学習するとは、問題を解くとはどういうことかを体験してもらいます。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM