<< 2018年11月06日のつぶやき | main | 本気で学ぶ >>

残席状況 個別演習科 月・金19:00〜2席 火19:00〜満席 木19:00〜1席 

2019年度(平成31年度)入試 相模原市内の高校の募集定員増減 弥栄増加・橋本減少

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

 

2019年度(平成31年度)の県立高校入試では、

 

相模原市内の高校で定員の増減があります。

 

弥栄高校普通科が143名から40名増えて183名、

 

橋本高校普通科が303名から40名減って263名になります。

 

2018年度(平成30年度)の弥栄高校普通科は、

 

定員143名に対して173名の応募で1.21倍でしたから

 

25%以上の定員増加はかなり志願者に影響が出ます。

 

去年と同じ応募者数であれば、定員割れで全員合格です。

 

もちろんそんなことは絶対にないと思って下さい。

 

麻溝台と弥栄で迷っている上位層は、弥栄に流れることでしょう。

 

県相チャレンジを考えていた人の一部も、

 

定員増を見て安全策として弥栄を選ぶでしょう。

 

志願変更などを考えても弥栄の倍率が大幅に低くなることはなく、

 

影響を受けて麻溝台がやや下げるぐらいの変化が予想されます。

 

橋本は相模原市内の中堅高トリオである上溝南・橋本・上溝の一角です。

 

2013年度(平成25年度)から倍率を並べると

 

0.97倍→1.15倍→1.09倍→1.27倍→1.29倍→1.03倍

 

という変化になっているので、昨年・一昨年が異常だった事がわかります。

 

とはいえ定員が40名減少することと昨年が定員割れ寸前だったことの反動で、

 

倍率は大幅に上昇する可能性が高いです。

 

一昨年レベルになる事も考えておきましょう。

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
twitter!
miz_1149をフォローしましょう
◎短期集中・受験への国語講座
 2時間×4日間で県相受験・大学受験のために必要な国語の解法のコツをお伝えします。  他の教科は順調なのに、国語だけがどうしても!という生徒を募集します。  国語を感覚で解かず、理屈と手法と知識で解くことで  安定した得点が取れるようになります。
◎短期集中・県相への数学講座
県相受験のために数学の得点力を上げたい方のための短期講座です。2時間✕4日間で弱点を潰すための徹底特訓を行います。数学を学習するとは、問題を解くとはどういうことかを体験してもらいます。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM