<< 塾の机の前以外でどうあるか | main | 2018年10月25日のつぶやき >>

残席状況 個別演習科 月・金19:00〜2席 火19:00〜満席 木19:00〜1席 

親は子供を褒めて信じろ

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

勉強は所詮孤独なものです。

 

 

自分がペンを握って自分がペーパーに向かってやるものです。

 

勉強の最後の瞬間は絶対に孤独です。

 

孤独に耐えられない人間は学力が上がりにくいです。

 

もし我が子に学力を高くできるようになって欲しいなら、

 

親は我が子を孤独に耐えられる人間に育てておくべきです。

 

では、どのようにして孤独に耐えられる子供は育つのでしょうか。

 

子供たちを観察していて感じることの一つに、

 

「自己肯定感の低い子供はつるみがち」ということがあります。

 

自己肯定感の低い子供、自信がない子供は

 

常に他者の視線を意識して評価されないと不安を抱えるので、

 

同調することを望んで他者と同じ行動を取りたがります。

 

友達が持っているからと同じものを欲しがったりします。

 

私達の業界で言えば、友達が通っているからということをメインに塾を決め、

 

それはまだ良いとしても通塾退塾の時間まで一緒に行動するタイプです。

 

こういうタイプはあまり成績が伸びません。

 

逆に自己肯定感の高い子供はそういうことをしないわけです。

 

子供たちに自己肯定感を持ってもらうにはどうしたら良いでしょうか。

 

それは信頼できる人間に評価される経験を存分に持ってもらうことです。

 

そのために、親には子供を褒めて信じてもらいたいです。

 

何かと言えばお説教をしたりダメ出しをされているのでは、

 

子供が自己肯定的になろうはずもありません。

 

何度も認められ続ける中で子供たちも自分を認められるようになります。

 

無闇矢鱈に褒めろとは言いません。

 

しかし、いいところは小さいことでもドンドン拾って褒めて下さい。

 

子供の成長を信じて下さい。

 

それが親にできる子供の学力への最高の援護射撃の一つです。


 

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
twitter!
miz_1149をフォローしましょう
◎短期集中・受験への国語講座
 2時間×4日間で県相受験・大学受験のために必要な国語の解法のコツをお伝えします。  他の教科は順調なのに、国語だけがどうしても!という生徒を募集します。  国語を感覚で解かず、理屈と手法と知識で解くことで  安定した得点が取れるようになります。
◎短期集中・県相への数学講座
県相受験のために数学の得点力を上げたい方のための短期講座です。2時間✕4日間で弱点を潰すための徹底特訓を行います。数学を学習するとは、問題を解くとはどういうことかを体験してもらいます。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM