<< 正解を書き写す前後に考えない | main | 土日演習中 >>

残席状況 個別演習科 月・金19:00〜2席 火19:00〜満席 木19:00〜1席 

一年中頑張る 自主性を育てる

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

 

2018年のヤクルトスワローズは一年中キャンプだったから躍進したという記事です。

 

控えの選手たちを中心に、毎日通常の練習以外にも

 

早めに球場に入って練習を重ね続けたそうです。

 

適切な練習量を確保して技術と体力が磨かれることは間違いありませんが、

 

選手たちの精神もまた磨かれたという話でした。

 

上田選手はインタビューの中でこうおっしゃってます。

 

「そこ(リーダーになること)は意識してないんですけど、

たまに素振りのない日があったりするんですよ。

そういう時は、宮本(丈)や廣岡や塩見たちと、

『明日は素振りなしだけど、やることやろうぜ』と。

一度、『今日はないだろうなぁ』って、素振りをしなかったことがあるんですよ。

その時に(コーチの石井)琢朗さんたちから『オレらが言わなくても勝手にやるぐらいにならないと。

やらされているだけじゃ、絶対に伸びないよ』という話をされて、実際にそうだと思いました」

 

まさにこれです。

 

練習を自分のことだと強く意識して、最終的には意識しないでもいいレベルになって、

 

初めて本格的な伸びというものが出てくるものです。

 

これは万事に通じることではないかと考えています。

 

誰かにやれと言われないと動かないレベルでは話にならないのです。

 

私達のエリアでも同じことが言えますが、

 

言われなくても動ける子供になってもらうためには

 

そのように私達周囲の大人が振る舞う必要があるはずです。

 

先回りして手厚くするべき時期もありますが、

 

自我が芽生えてからはそれをやりすぎては

 

子供が自分で考えて覚悟を決めて行動するチャンスが失われます。

 

そうなるまでじっと辛抱して見守ることも必要なのです。

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
twitter!
miz_1149をフォローしましょう
◎短期集中・受験への国語講座
 2時間×4日間で県相受験・大学受験のために必要な国語の解法のコツをお伝えします。  他の教科は順調なのに、国語だけがどうしても!という生徒を募集します。  国語を感覚で解かず、理屈と手法と知識で解くことで  安定した得点が取れるようになります。
◎短期集中・県相への数学講座
県相受験のために数学の得点力を上げたい方のための短期講座です。2時間✕4日間で弱点を潰すための徹底特訓を行います。数学を学習するとは、問題を解くとはどういうことかを体験してもらいます。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM