<< 2018年10月03日のつぶやき | main | 説明できない答案などいらない >>

残席状況 個別演習科 月・金19:00〜2席 火19:00〜満席 木19:00〜1席 

具体化してみる

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

 

学習のある側面は「具体と抽象の往来」であると考えています。

 

実際の指導では「具体と抽象で往復ビンタして問題を解け」と言ってますが、

 

若干品性を疑われそうなのでブログではちょっと上品に書いてみました。

 

例えば数学の関数の問題を読んでいて、

 

題意がそもそもわからないという生徒がいます。

 

そのときに彼ら・彼女らは抽象を抽象のままとらえようとしています。

 

抽象思考が出来るならそれで概ねなんとかなりますが、

 

数学が苦手な生徒が抽象思考が得意なことはまずありません。

 

よって詰まってしまうのです。

 

そういうときには具体で考えてみればわかってきます。

 

例えば点が動く問題であるならば、

 

動いている様子をちょっとずつ作図してみて、

 

具体的な数値を考えてみて、

 

式を立ててみて(計算はしません)というのが具体化です。

 

そうすれば、何をしなければいけないかが見えてきますから

 

改めて文字式で抽象的に捉え直しです。

 

そのためにもまず手を動かして色々書いてみればいいのに、

 

各癖が付けばあっという間に楽になるのに、

 

数学が苦手な生徒はほとんどそれをやりません。

 

つまりただの怠け者です。

 

与えられた数値をそのまま使ったり、

 

一つ式を書くだけで答えを出そうとするタイプです。

 

手を動かさず頭も動かさずでは数学が得意にはなりません。

 

手も頭も動かして具体と抽象を往来してくださいね。

 

 

お問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
twitter!
miz_1149をフォローしましょう
◎短期集中・受験への国語講座
 2時間×4日間で県相受験・大学受験のために必要な国語の解法のコツをお伝えします。  他の教科は順調なのに、国語だけがどうしても!という生徒を募集します。  国語を感覚で解かず、理屈と手法と知識で解くことで  安定した得点が取れるようになります。
◎短期集中・県相への数学講座
県相受験のために数学の得点力を上げたい方のための短期講座です。2時間✕4日間で弱点を潰すための徹底特訓を行います。数学を学習するとは、問題を解くとはどういうことかを体験してもらいます。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM