<< 結果の出てないときこそ丁寧に | main | 宝塚観劇に行ってきました >>

残席状況 個別演習科 月・金19:00〜2席 火19:00〜満席 木19:00〜1席 

最初からスマホを渡さない作戦

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

中学生の保護者さんと話しているとスマホ問題は根深いですね。

 

どうしてもアプリなどに気を取られてしまっています。

 

そうであるならば、今小学生のお子さんのいるご家庭には

 

最初からスマホを渡さない作戦もあるとお伝えしたいです。

 

もちろん、全面的にスマホが悪だと言うつもりはありません。

 

自分でコントロールできる生徒には持ってもらうことで

 

調べ物が早くなったり適当な息抜きになる可能性も大です。

 

しかし例えば、ゲーム機などの時間管理の様子を見ていて

 

我が子が我慢が下手だな、と親の目に映るならば

 

スマホを渡すことでさらに悪化する可能性は大です。

 

スマホの中でもソーシャルネットワークゲーム

 

通称ソシャゲと呼ばれるものは、友人とリンクしてのプレイが多いです。

 

そうなると、一人・あるいは同時にその場にいるときだけの

 

携帯ゲーム機よりも依存度が高まってしまいます。

 

そこを自分でコントロールできるようになることは望ましいのですが、

 

もしコントロールできる可能性が低いならば

 

スマホを渡すのはもう少し後でも構わないかもしれませんね。

 

あるいはアプリやシステムを利用して使用時間を管理したり、

 

ご家庭での利用時間に約束事を設けることです。

 

その場合に絶対に決めてほしいのは

 

「ルール違反した場合の行動」と「その行動の確実な遂行」です。

 

無制限にして後からルールを増やせば子供の不満は増えます。

 

また、ルール違反後の行動変更の約束をなあなあにしてしまうと

 

子供は一層ルールを守らない人間になります。

 

どちらもスマホそのものよりタチが悪いので、絶対に避けましょう。

 

塾長への質問をLINEなどで送ってくれるのは大歓迎なので

 

一概にスマホを悪く言うつもりは全くありません。

 

何事もほどほどの付き合いをして、自分の目標達成のために動きましょう。

 

 

お問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
twitter!
miz_1149をフォローしましょう
◎短期集中・受験への国語講座
 2時間×4日間で県相受験・大学受験のために必要な国語の解法のコツをお伝えします。  他の教科は順調なのに、国語だけがどうしても!という生徒を募集します。  国語を感覚で解かず、理屈と手法と知識で解くことで  安定した得点が取れるようになります。
◎短期集中・県相への数学講座
県相受験のために数学の得点力を上げたい方のための短期講座です。2時間✕4日間で弱点を潰すための徹底特訓を行います。数学を学習するとは、問題を解くとはどういうことかを体験してもらいます。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM