<< 2学期内申点 | main | 夏期特訓最終日 >>

残席状況 個別演習科 月・金20:00〜3席 火・木19:00〜3席

2学期の内申点を重視するもう一つの理由

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

2学期の内申点を重視する理由はもう一つあります。

 

それは私立高校入試にはさらに内申点が重要だからです。

 

神奈川県の私立高校の多くは県立高校の受け皿としての意味もあります。

 

県立高校を志望して受験しても必ず合格するわけではありません。

 

残念ながら志望校に通えなくなる生徒も必ず出ます。

 

その際に、別の高校生活を送る場として私立高校に通う生徒もいます。

 

有り体に言えば滑り止めというものです。

 

もちろん私立高校にも様々な特色を持って魅力的な高校があります。

 

スポーツが有名な高校などはこちらになります。

 

特に大学の付属高校は、内部進学を念頭に置いて選ぶご家庭も多いです。

 

そちらを本命として選ぶ生徒もまたいます。

 

今回はあくまで滑り止めとしての私立高校入試を考えます。

 

滑り止めとされる私立高校の合否のある程度は、受験生の内申点で判定されます。

 

私立高校の説明会などで、各高校はそれぞれの内申点基準を公開します。

 

事前にボーダーラインとして公開される内申点を超えていれば、

 

試験本番でよほどひどい答案を提出しなければ合格になります。

 

入試前の相談で参考とされる要素の一つが、3年生2学期の内申点ということです。

 

2年生3学期も勘案する場合も多いので、そこは注意しておきたいところです。

 

中学校での三者面談などで担任の先生と相談する場合もこういう話になります。

 

もちろん学習塾での相談でも、基準の数値は分かりますのでお申し付け下さい。

 

 

 

お問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
twitter!
miz_1149をフォローしましょう
◎短期集中・受験への国語講座
 2時間×4日間で県相受験・大学受験のために必要な国語の解法のコツをお伝えします。  他の教科は順調なのに、国語だけがどうしても!という生徒を募集します。  国語を感覚で解かず、理屈と手法と知識で解くことで  安定した得点が取れるようになります。
◎短期集中・県相への数学講座
県相受験のために数学の得点力を上げたい方のための短期講座です。2時間✕4日間で弱点を潰すための徹底特訓を行います。数学を学習するとは、問題を解くとはどういうことかを体験してもらいます。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM