<< 理科社会に暗記は必要だが、十分ではない | main | 2018年03月15日のつぶやき >>

残席状況 個別演習科 月・金19:00〜2席 火19:00〜満席 木19:00〜1席 

体験授業

今日は算数と理科の体験授業の予定でしたが、

 

算数の答案の出来を確認した上で算数のみに絞って指導をしました。

 

何でもそうですが中途半端はよくありません。

 

塞ぐべき穴がある時に時間が足りないから塞げないというのは

 

受験という目標を考えるとまずいことです。

 

保護者さんとの面談でもお伝えしましたが、

 

いつ子供が入学試験を受けるのかはもう事実上決まっています。

 

それに向かって時間は減るのみなのですから、

 

その時間を有効に使うためにすばやく考えねばなりません。

 

考え続けることもまた時間を消費してしまうことになるからです。

 

いえ、むしろ浪費と言うべきでしょう。

 

1日は24時間、1年は8760時間です。

 

そのうち学習にどれだけの時間を充てて、

 

どのぐらいの密度で学習に取り組んでもらうのか。

 

それは受験の戦略が問われる場面のはずです。

 

受験に備えるというのは部活動を引退してからの

 

半年をどう過ごすかということではありません。

 

それで間に合うようにと考えるなら、

 

引退前までの時間をどう使っていくかを計画すべきです。

 

十分な学力をつけた上で部活動も頑張れるように設計しておきましょう。

 

無闇矢鱈に習い事をさせては土台が崩れることもありますから。

 

 

春期特訓の参加者を募集します。

 

期間中日程・回数は自由に選べます。

 

算数・数学の徹底復習がおすすめです。

 

新しい環境に備えてきちんと復習を大量に行うためには

 

どの長期休みでも有効に使えます。

 

新学年のスタートのために「解いて解いて質問する」

 

春期特訓を体験してほしいです。

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
twitter!
miz_1149をフォローしましょう
◎短期集中・受験への国語講座
 2時間×4日間で県相受験・大学受験のために必要な国語の解法のコツをお伝えします。  他の教科は順調なのに、国語だけがどうしても!という生徒を募集します。  国語を感覚で解かず、理屈と手法と知識で解くことで  安定した得点が取れるようになります。
◎短期集中・県相への数学講座
県相受験のために数学の得点力を上げたい方のための短期講座です。2時間✕4日間で弱点を潰すための徹底特訓を行います。数学を学習するとは、問題を解くとはどういうことかを体験してもらいます。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM