<< 択一問題だから簡単なわけではない | main | 体験授業 >>

残席状況 個別演習科 月・金20:00〜3席 火・木19:00〜3席

理科社会に暗記は必要だが、十分ではない

理科社会について生徒や保護者に誤解されているところがあると思うのは

 

暗記さえすればいけるのではないか、というところです。

 

これは現在の入学試験を考えた場合大きな間違いです。

 

暗記すればいい点数が取れるという程度の問題であれば

 

今年の県立高校入試での社会科の平均点が50点を大幅に下回らないはずです。

 

理科が難しいと評判の神奈川県立高校入試で

 

社会まで難化傾向が出ているのです。

 

これをして暗記強化であると断じるのは明らかにまずいです。

 

もちろん暗記は必ずしなくてはいけません。

 

知識がない状態で問題にあたってもほぼ時間の無駄です。

 

しかし、その知識を使って問題をどう考えていくか、

 

知識をどう生かしていくかが問われるのが実際のレベルです。

 

まずインプット、そして加工してアウトプットが出来るように

 

時間をかけて考え方を培う必要があります。

 

理科・社会を3年生になってから詰め込むのは

 

県立高校入試で上位高校を目指すのであれば悪手だと言えます。

 

 

 

春期特訓の参加者を募集します。

 

期間中日程・回数は自由に選べます。

 

算数・数学の徹底復習がおすすめです。

 

新しい環境に備えてきちんと復習を大量に行うためには

 

どの長期休みでも有効に使えます。

 

新学年のスタートのために「解いて解いて質問する」

 

春期特訓を体験してほしいです。

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
twitter!
miz_1149をフォローしましょう
◎短期集中・受験への国語講座
 2時間×4日間で県相受験・大学受験のために必要な国語の解法のコツをお伝えします。  他の教科は順調なのに、国語だけがどうしても!という生徒を募集します。  国語を感覚で解かず、理屈と手法と知識で解くことで  安定した得点が取れるようになります。
◎短期集中・県相への数学講座
県相受験のために数学の得点力を上げたい方のための短期講座です。2時間✕4日間で弱点を潰すための徹底特訓を行います。数学を学習するとは、問題を解くとはどういうことかを体験してもらいます。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM