<< 今日少しだけやる | main | 展開図も実際に描く >>

残席状況 個別演習科 月・金20:00〜3席 火・木19:00〜3席

根拠を持って答えるクセで証明に勝つ

中学生の場合、3学期の一つの山に証明があります。

 

証明問題を苦手とする生徒は多いです。

 

その原因の一つは日頃根拠を持って考える癖がついていないからです。

 

何故?ということを突き詰めるのは学ぶことの基本にして究極です。

 

しかし、日頃理由や根拠を持って思考したり説明したり

 

行動したりする習慣がついていないのが普通の生徒です。

 

必定、証明問題が苦手になります。

 

証明問題は「何故それが言えるのか?」を伝える問題だからです。

 

そうであれば、日頃から根拠を持って考えて答えるクセをつけましょう。

 

これは英語や国語でもそうあるべきですし、

 

日常の自分の行動や思考についても

 

理由や根拠を問うことで訓練できます。

 

無論すべての行動や思考に理由や根拠が有るとはいえません。

 

しかし、それは訓練ですから答えが大正解でなくてもいいのです。

 

自分自身に問うことを通じて、自分自身に答えることを通じて、

 

誰かに何かを説明できる人間になることを目指しましょう。

 

もちろんなるべく根拠や理屈を持って、です。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
twitter!
miz_1149をフォローしましょう
短期集中講座
◎県相受験への国語/大学受験への国語  2時間×5日間で県相受験・大学受験のために必要な国語の解法のコツをお伝えします。  他の教科は順調なのに、国語だけがどうしても!という生徒を募集します。  国語を感覚で解かず、理屈と手法と知識で解くことで  安定した得点が取れるようになります。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM