<< 本日で12月度通常授業は終了です | main | 証明問題も教科書から >>

残席状況 個別演習科 月・金20:00〜3席 火・木19:00〜3席

古文は主語の判別から

神奈川県立高校入試の古文の問題は

 

学校の古文の授業とは違う初見の問題を解くことになります。

 

内容を知らない文章を読むことになるわけです。

 

そのため、定期テストとは別のアプローチをきちんと身に付ける必要があります。

 

今日のテストゼミでは主語の判別に重点を置いて指導をしました。

 

一度出てきた主語はとくに条件が無ければそのまま続く。

 

敬語・助詞・対話などの目印によって主語が変わっている確認をする。

 

それらをテンポよくやることで、まず文章の大意をつかみます。

 

分からない単語も出てきますが、前後の文章の内容から類推していきましょう。

 

突飛な展開の話は絶対に出題されないので、それで十分です。

 

選択肢の内容や注釈も大いに参考になりますので、

 

筋の通らない選択肢を切って考えましょう。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
twitter!
miz_1149をフォローしましょう
短期集中講座
◎県相受験への国語/大学受験への国語  2時間×5日間で県相受験・大学受験のために必要な国語の解法のコツをお伝えします。  他の教科は順調なのに、国語だけがどうしても!という生徒を募集します。  国語を感覚で解かず、理屈と手法と知識で解くことで  安定した得点が取れるようになります。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM