<< 2017年11月20日のつぶやき | main | 2017年11月21日のつぶやき >>

残席状況 個別演習科 月・金20:00〜3席 火・木19:00〜3席

平成29年度公立中学校等卒業予定者の進路希望の状況(志願倍率の参考)

平成29年度公立中学校等卒業予定者の進路希望の状況」が発表されました。

 

 

今の中3がどの県立高校に進学したいと考えているかの集計調査です。

 

10/20時点での調査なので、志願倍率の参考程度にお読み下さい。

 

相模原市中央区近隣の県立高校をいくつか抜粋しておきます。

 

高校名   希望者数:募集定員:倍率

相模原高校 414  :278  :1.49

弥栄高校  295  :143  :2.06

麻溝台高校 431  :358  :1.20

上溝南高校 376  :358  :1.05

 

相模原高校は前年度入試が1.14倍と低かったので、

 

今年は現時点での希望者が比較的多く出ています。

 

ここから上がることは考えにくいですが、

 

相模原市トップ高ですから1.3倍を切るほど下がることもなさそうです。

 

普通科新設2年目の弥栄高校が高い倍率です。

 

これは少ない定員が作用しているので、

 

入学試験本番までにはここから下がります。

 

今回の定期試験の結果から麻溝台高校へスライドする生徒が

 

一定数いるので麻溝台高校の志望生は油断をしてはいけません。

 

 

弥栄高校1.5〜1.6倍、麻溝台高校1.35倍辺りを考えておきましょう。

 

しかしこれらはあくまでも参考です。

 

大事なのは自分が入学試験までにどれだけ学力を上げるか。

 

そのために何をどれだけかけてやるのか、です。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
twitter!
miz_1149をフォローしましょう
短期集中講座
◎県相受験への国語/大学受験への国語  2時間×5日間で県相受験・大学受験のために必要な国語の解法のコツをお伝えします。  他の教科は順調なのに、国語だけがどうしても!という生徒を募集します。  国語を感覚で解かず、理屈と手法と知識で解くことで  安定した得点が取れるようになります。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM