<< 言われたとおりにはやらない | main | 2017年11月11日のつぶやき >>

残席状況 個別演習科 月・金20:00〜3席 火・木19:00〜3席

応用問題に過剰に怯えない

学校の定期テストで、教科書で扱っていない文章が出題されることや

 

教科書に「そのまま」は書いていない応用問題が出題されることがあります。

 

そのような試験範囲表の記載を見て、

 

途端に「応用問題対策の問題をやりたいです」という生徒がいます。

 

しかし、彼ら・彼女らが教科書の基本問題を身につけているかと言えば

 

そうではない場合がほとんどです。

 

例えば教科書の英単語を95%正解できるか、

 

基本例文の和文英訳・英文和訳が全てできるか、

 

ということを試すとだいたいボロボロです。

 

そのような状態で応用問題に手を出しても、点数が取れません。

 

テストで高得点を取るためには落とせない問題が有ります。

 

基本となる学力を身につけずして難問は取れません。

 

またそもそも、応用問題というのは「基本を応用する」問題です。

 

基本を十分に身につければそこまで恐れるものは出ないです。

 

少なくとも90点を確実に取るために正解したい問題は

 

基本を身に着けていれば対応できます。

 

ですから、まずは教科書と学校のワークをパーフェクトにしましょう。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
twitter!
miz_1149をフォローしましょう
短期集中講座
◎県相受験への国語/大学受験への国語  2時間×5日間で県相受験・大学受験のために必要な国語の解法のコツをお伝えします。  他の教科は順調なのに、国語だけがどうしても!という生徒を募集します。  国語を感覚で解かず、理屈と手法と知識で解くことで  安定した得点が取れるようになります。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM