<< 夏期特訓のお問い合わせありがとうございます | main | 夏休み前に計画を >>

残席状況 個別演習科 月・金20:00〜3席 火・木19:00〜3席

学業をどのぐらい重く考えるか

学業をどのぐらい重く考えるかは学力に大きな影響を与えます。

 

青木学院のほとんどの保護者さんで言えば

 

部活動の日程などが出る前に下記特訓をお申込み頂いています。

 

「時間調整は後からするとしても、まずは学習の量は確保する」

 

というお考えなのだと理解しています。

 

実際、時間数と受講教科だけお申込みをもらっているご家庭は多いです。

 

「部活動の練習時間割が出るまで勉強の量を決めない」

 

というお考えもあるでしょうが、

 

それは学習を後回しにする考え方です。

 

親が学習を後回しにする考え方でいて、子供の学力が上がることはないです。

 

学習をどのぐらいするかという方針は部活動の有無で決めるのではなく

 

子供の今の学力がどれほどのものか、

 

そしてこの先どのように成長して欲しいかで決めるものです。

 

少なくとも子供の学力が伸びることを望むなら、です。

 

学力は魔法のように上がることはないです。

 

丁寧に積み重ねて初めて色をなすものです。

 

だからこそ、もしこれまでの学習に不足があるのならば

 

今からコツコツと積み重ねる学習量を確保して欲しいです。

 

 

外部生向けの数学夏期特訓をご用意しました。

 

(通常夏期特訓はこちら

 

1学期の数学に対して危機感を持っている生徒さんには

 

ほぼ例外なく演習の量が不足しています。

 

長期休みに計画的に徹底的に復習することで、

 

2学期以降の数学に対する苦手意識を減らしてもらいます。

 

部活動などの練習にも対応できるように

 

時間や日程は自由に選べます。

 

絶対に数学を克服したい生徒諸君の参加をお待ちしております。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
twitter!
miz_1149をフォローしましょう
短期集中講座
◎県相受験への国語/大学受験への国語  2時間×5日間で県相受験・大学受験のために必要な国語の解法のコツをお伝えします。  他の教科は順調なのに、国語だけがどうしても!という生徒を募集します。  国語を感覚で解かず、理屈と手法と知識で解くことで  安定した得点が取れるようになります。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM