<< 先取りをしているからいいというものではない | main | 公式は使いどころを考える >>

残席状況 個別演習科 月・金20:00〜3席 火・木19:00〜3席

国語は本文から

国語の問題を解いた生徒には

 

「なぜその答案を書いたか」の根拠を尋ねます。

 

正解不正解に関わらず、塾長が気になった問題には

 

必ずこれを行います。

 

正解が取れたかどうかよりも、解き方が大事な時期は特にそうです。

 

正解の論拠が本文中にきちんと探し出せていたり

 

見つけるべきヒントを見つけられていれば良しです。

 

しかし、正解答案を作ることが出来ていても、

 

そこに答案作成者の私的な思考が大きく含まれていれば

 

それはきちんとした解き方だとは言いにくいです。

 

テストで安定して高得点をとって行くには

 

あくまで本文を参照して、再現性の高い解き方が必要です。

 

感覚に頼る会報にはムラが出ます。

 

テーマによって得意不得意が出るのもこの類が多いです。

 

これまで脳の回転の良さでこなしてきたものを

 

いかに方法論的に読解していけるようになってもらうかの

 

トレーニングが青木学院の国語の演習指導です。
 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
twitter!
miz_1149をフォローしましょう
短期集中講座
◎県相受験への国語/大学受験への国語  2時間×5日間で県相受験・大学受験のために必要な国語の解法のコツをお伝えします。  他の教科は順調なのに、国語だけがどうしても!という生徒を募集します。  国語を感覚で解かず、理屈と手法と知識で解くことで  安定した得点が取れるようになります。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM