<< 繰り返さずに身につくことはあまりない | main | 国語は本文から >>

残席状況 個別演習科 月・金20:00〜3席 火・木19:00〜3席

先取りをしているからいいというものではない

先取りをして学習しておくことはいいことです。

 

実力を伴った先取りであれば、

 

学校の授業などの依り深い理解にも繋がります。

 

しかし、先取りをしているからいいというものではありません。

 

実力を伴わない先取りは不確かな学力に過ぎません。

 

タイミングを見て定着を確認しておくべきです。

 

 

ある時、中3の内容まで英語が進行しているという生徒に

 

中1の1学期配当の定期テスト対策問題を解いてもらいました。

 

答案を生徒の目の前で採点しながらミスを確かめると

 

英文の基本的なルールのレベルでのミスが多く出ていました。

 

「こういう問題はこう処理する」という手順は身についていても

 

なぜそう考えるのかという理解が不足しているミスでした。

 

急いで先取りをしたことのマイナス面が出ていました。

 

「これはこれで構わないよ。

 

君の弱点がはっきりしただけだから、これを一緒に潰そう」

 

という主旨の話をして、演習を続けてもらいました。

 

 

先取りと定着を両立させようと思うと、

 

どうしても学習量の確保が必要になります。

 

時には急がずじっくりと腰を据えて

 

復習漬けの演習をする時間も必要なのです。

 

軽々に「身についた」と思わず、

 

十分な演習を積んで重厚な学力をつけましょう。

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
twitter!
miz_1149をフォローしましょう
短期集中講座
◎県相受験への国語/大学受験への国語  2時間×5日間で県相受験・大学受験のために必要な国語の解法のコツをお伝えします。  他の教科は順調なのに、国語だけがどうしても!という生徒を募集します。  国語を感覚で解かず、理屈と手法と知識で解くことで  安定した得点が取れるようになります。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM