<< 大したことをしたいなら | main | 平成29年 2017年 県立高校入試 厚木・県相・上南合格 >>

残席状況 個別演習科 月・金20:00〜3席 火・木19:00〜3席

静かなんです

ある生徒が入塾してしばらくしてから、塾長にいいました。

 

「これまで通って他塾はどこもうるさかったけど、ここは静かでびっくりした」

 

生徒一人に先生一人がついているような塾でもうるさかった、ということのようです。

 

青木学院では静かにするようにという注意は基本的にしません。

 

やるべきことは指示してあるので、それを淡々とやる生徒がいれば

 

教室に響くのは質問対応のやりとりとエアコンの音になります。

 

その意味では塾長がうるさいとは言われるかもしれません。

 

その生徒は「こっちの塾に来てから勉強がちょっと楽しくなった」とも言いました。

 

その生徒に面白いトークは一切していません。

 

ただ、分かるということ、挑み続けることの楽しさを感じられるような

 

素敵な子育てをご両親がなさっていたということだろうな、と思います。

 

その楽しさを感じられるように、勉強し続ける時間と場所と、

 

教材と指導を青木学院が準備しているのにマッチしたということでしょう。

 

魔法のように分からせることはありませんが、

 

コツコツと努力する生徒を応援する指導をやっています。

 

「先生の説明が分かりやすい」と笑ってもらえましたしね。

 

 

新中1・新高1準備講座を開講します。

 

3/1-18の平日15時-22時で受講回数制限なしのコースから

 

5時間お試しのコースまで用意しました。

 

無制限コースは県立相模原高校および上位大学進学を目指す生徒さんが

 

復習も予習もめいっぱいやれるようにと考えてのものです。

 

学校の進度が緩い時期に学習そのものを緩めるのではなく、

 

余裕があるからこそ復習予習に力を入れられると考えるのが

 

県立相模原高校のような上位高への進学を可能にする道です。

 

こちらをご参照の上、お問い合わせ下さい。

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
twitter!
miz_1149をフォローしましょう
短期集中講座
◎県相受験への国語/大学受験への国語  2時間×5日間で県相受験・大学受験のために必要な国語の解法のコツをお伝えします。  他の教科は順調なのに、国語だけがどうしても!という生徒を募集します。  国語を感覚で解かず、理屈と手法と知識で解くことで  安定した得点が取れるようになります。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM