<< 傍線部をよく読んでよく考えてから解く | main | つなげて覚えるから忘れても勝てる >>

残席状況 個別演習科 月・金20:00〜3席 火・木19:00〜3席

相模原高校 国語読解のレベルの例

相模原高校の生徒と答案の点検をしていた時の話です。

 

大学入試レベルの小説問題で心情についての設問がありました。

 

正解していた設問について、「なぜこの選択肢を選んだか説明して下さい」

 

と伝えると、生徒が自分の思考手順を説明し始めました。

 

ある選択肢を真っ先に指さし、

 

「この選択肢は心情としてまっすぐ過ぎるから正解の可能性は低い」

 

と言いました。実に的確な判断だと思います。

 

入試レベルということで言えば、心情説明問題は

 

いくつかの感情が組み合わさったもの、変化したものが問われる可能性大です。

 

逆に言えばシンプルな心情のみで構成された選択肢は

 

正解となる可能性が低くなっています。

 

これは入試が「学力のあるものを選抜する」という観点で実施されるものだと思えば

 

極めてまっとうなことだと言えます。

 

じっさい塾長が解く時にも正解である可能性の大小に気を配って選択肢を見ます。

 

その生徒は演習を重ねるうちにそこに気がついたのでしょう。

 

単に問題を解くだけではなく、その思考パターンをデータベースとして

 

脳内に蓄えておく事が出来ているのですから流石です。

 

もう少し付け加えるならば「とは言え断定はしない」というスタンスが良いです。

 

ここで自然科学の法則のように決めてかかるのは悪手です。

 

あくまでも可能性の大小として捉えるのが落ち着いていますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
twitter!
miz_1149をフォローしましょう
◎短期集中・受験への国語講座
 2時間×4日間で県相受験・大学受験のために必要な国語の解法のコツをお伝えします。  他の教科は順調なのに、国語だけがどうしても!という生徒を募集します。  国語を感覚で解かず、理屈と手法と知識で解くことで  安定した得点が取れるようになります。
◎短期集中・県相への数学講座
県相受験のために数学の得点力を上げたい方のための短期講座です。2時間✕4日間で弱点を潰すための徹底特訓を行います。数学を学習するとは、問題を解くとはどういうことかを体験してもらいます。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM