<< 国語を伸ばす | main | 相模原高校 国語読解のレベルの例 >>

残席状況 個別演習科 月・金20:00〜3席 火・木19:00〜3席

傍線部をよく読んでよく考えてから解く

国語の論説文などで、傍線部に突いての問題が出ます。

 

選択肢のある問題では、いきなり選択肢を見て考える人がいます。

 

自分の頭の中の解釈で選択肢を読んで正解を探すので

 

正解率が全く安定しません。

 

まずは傍線部をよく読んで、何を言っているかを確認して下さい。

 

大学受験レベルで言えば多くの傍線は

 

そこだけ読んで正解はできない内容の部分に引いてあります。

 

抽象的な部分であったり、比喩であったり、指示語を含んでいたりします。

 

その抽象的な部分を具体的に言い換えている部分を探し、

 

比喩を現実の部分と対応させて、指示語の指す部分を確認して、

 

その傍線部に対して何を問うている問題文なのかを考えてから、

 

はじめて選択肢を検討すべきです。

 

余程の熟練者でなくては先に選択肢を読むのは悪手です。

 

このような考え方は国語の読解そのものではなく、

 

それこそ問題を解くテクニック(の入門編)というべきものです。

 

学校の国語の授業や問題集では内容ですが、

 

そういうところを含めて指導しています。

 

 

お問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
twitter!
miz_1149をフォローしましょう
◎短期集中・受験への国語講座
 2時間×4日間で県相受験・大学受験のために必要な国語の解法のコツをお伝えします。  他の教科は順調なのに、国語だけがどうしても!という生徒を募集します。  国語を感覚で解かず、理屈と手法と知識で解くことで  安定した得点が取れるようになります。
◎短期集中・県相への数学講座
県相受験のために数学の得点力を上げたい方のための短期講座です。2時間✕4日間で弱点を潰すための徹底特訓を行います。数学を学習するとは、問題を解くとはどういうことかを体験してもらいます。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM