<< 2016年07月07日のつぶやき | main | 「がっかりされたくない」などとは10年早いんだよ >>

残席状況 個別演習科 月・金20:00〜3席 火・木19:00〜3席

抽象と具体を往復する

国語の問題は抽象と具体の往復です。

 

傍線部に抽象的な事が書いてあれば、

 

それを具体的に捉え直した表現を探して意味を捉えます。

 

段落序盤から具体的な話が続いていれば、

 

段落終盤にはそれらをまとめた抽象的な表現があらわれます。

 

記述されているのが具体的な事なのか抽象的な事なのかを見極めましょう。

 

それは例えば接続語を意識して読む事から始まります。

 

「A。つまりB。」という具合に「つまり」があれば、これは要約の表現です。

 

その場合にはAと比べてBは抽象的な表現であると考えます。

 

「C。例えばD。」という具合に「例えば」があれば、これは例示の表現です。

 

その場合にはCと比べてDは具体的な表現であると考えます。

 

「こんなことは基本的な国語力の問題であり、分かっている」

 

とお思いの方もいますが、それを意識して読むのと、

 

ここに書かれて「当たり前だろう」と考えるのは大きな差があります。

 

具体と抽象の往復を意識して捉えているのか、

 

それとも何となく「雰囲気」を「センス」で捉えているのか。

 

これまでの自分の国語の点数が教えてくれているはずですよね。

 

 

夏期講習参加者募集中です。

 

大量に学習したい生徒のための夏期特訓です。

 

君の意欲を結果に変えるための大量学習を用意します。

 

100時間コースからは無制限で学習出来ます。


お問い合せはこちらから!

toiawase.jpg


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
twitter!
miz_1149をフォローしましょう
◎短期集中・受験への国語講座
 2時間×4日間で県相受験・大学受験のために必要な国語の解法のコツをお伝えします。  他の教科は順調なのに、国語だけがどうしても!という生徒を募集します。  国語を感覚で解かず、理屈と手法と知識で解くことで  安定した得点が取れるようになります。
◎短期集中・県相への数学講座
県相受験のために数学の得点力を上げたい方のための短期講座です。2時間✕4日間で弱点を潰すための徹底特訓を行います。数学を学習するとは、問題を解くとはどういうことかを体験してもらいます。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM