残席状況 個別演習科 月・金19:00〜3席 火・木19:00〜満席

単元テストを馬鹿にするな

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

 

単元テストは範囲の狭いテストです。

 

問題の難度も高いものはあまり出ません。

 

そこで結果を出す勉強の練習をして下さい。

 

狭い範囲の勝負で勝てないのに広い範囲の勝負で勝つ可能性は低いです。

 

今日も答案の作りが雑な生徒にお説教タイムになりました。

 

音読和訳の回数も十分にこなしていないことが

 

塾長の目の前での音読チェックではっきり出てしまったこともあり

 

件の生徒はここしばらくでも一番怒られていました。

 

やろうと約束したことは頑張ってやってもらいたいです。

 

 

自分の将来のために自分で勉強する道を選んだのですから、

 

ここで踏ん張らねば過去と未来ん自分に合わせる顔がないでしょう。

 

まずは単元テストの復習、その上で定期テストに備えてもらいます。

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


土日演習中

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

 

土日演習科の授業で、今日は天体を一気に解説しました。

 

逆転が必要な生徒であれば定期試験対策は早めに手を打つべきです。

 

そのために先取りで概略をみてもらい、頻出問題を知ってもらいました。

 

原因を作れば結果が発生しやすいのですから、

 

得点向上のための学力向上、そのための学習量増加はまっとうな思考です。

 

無論体調を悪化させるほどでなければ、ですが。

 

内容が多くなりすぎないように、かと言って不足を感じない程度にを目指して

 

今日の授業は構成しましたが、生徒諸君はどうだったでしょうか。

 

家庭での学習もひと頑張りできる時間に終了したので、

 

夕食後にでもぜひ続きを解いてもらいたいですね。

 

そして、来週塾に来たら質問をして下さい。

 

塾長はこき使ってなんぼですからね。

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


毎週の講義を復習せよ

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

 

青木学院では中3対象に週1回の講義授業を行っています。

 

毎週の復習をしておけば確実に入試当日の得点アップになりますが、

 

講義授業の性質上、復習を意識していなければほぼ無駄です。

 

今日も開始早々、復習の足りてない生徒には居心地の悪い教室になりました。

 

通常の演習だけでは見えにくい、分野をまたいだ知識の統合も

 

水曜日の講義授業では行っているので、そこを大事に見てほしいです。

 

先週から今週にかけては定期テストのために

 

to不定詞と分詞と動名詞の役割と構造についての解説となりました。

 

ミニ演習でもなかなか苦戦していた生徒もいました。

 

毎週新しい知識が押し寄せるので、その週のうちに復習を絶対にしてください。

 

ある程度身についた前提で来週の授業も進みますので、

 

積み残しが増えると終盤が地獄ですよ。

 

 

お問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


基礎から積み上げて学力向上

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

 

例えば中学3年生に英語を教えるとします。

 

関係代名詞について学んでもらいたい場合に、

 

関係代名詞そのものについてのみ説明をすればいいのが

 

長く通塾していて基礎のインストールが終わっている生徒です。

 

しかし通塾歴の浅い生徒は、そうはいきません。

 

主語・動詞・目的語・補語の名前と機能とその繋がり方、

 

接続詞の役割、修飾の概念などを理解していないで教えても

 

公式に当てはめるだけの数学と同じ有様になります。

 

ですからまず、それらの基礎のインストールから取り掛からねばなりません。

 

もちろんこれまでの学習でそれらがはっきり理解できていればいいのですが、

 

そうではない場合が多いということです。

 

比較的学習に余裕がある時期からの入塾をおすすめしているのがこういう理由です。

 

数学でも中3になって平方数の処理にもたついたり、

 

計算の工夫が少なかったりすると全体の力に関わります。

 

それらは習慣として無意識に行えるレベルになってもらいたいので、

 

じっくり練習してほしいのです。

 

 

お問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


たってのご希望で立った

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

 

週末に面談を行ったご家庭からのたってのご希望で立ちました。

 

立ったのは課題プリントです。

 

折り曲げずに立つぐらいの束をお渡ししました。

 

これを怒涛の勢いで倒してもらいます。

 

打倒してもらいます。解き倒してもらいます。

 

なにせ本人の希望が欲張りなのですから、その高い希望に見合った努力が必要です。

 

志の高さは素晴らしいことです。

 

欲の深さは誇らしいことです。

 

それを叶えるための努力が十分にあれば、ただの現実になります。

 

シンプルに猛烈な努力をしなければ短期間の逆転はありません。

 

今頃本人は少し後悔してるかもしれません。(笑

 

吐いたツバ飲み込めない怖さ、という奴です。

 

しかし定期テストまでこれを緩めるつもりはありません。

 

良し悪し込みで、生徒の欲望を現実にする手助けが仕事ですから。

 

 

お問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


日常生活をきちんと送る

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

 

生徒たちと話していると日常から吸い取るべき常識が欠けていることを実感します。

 

「除夜の鐘」「元旦」「初詣」などの常識さえ知らずとも

 

学校の定期テストで上位10%程度にいたりするのですから驚きです。

 

そのような状態で地図記号の神社と寺の違いや

 

歴史の仏教伝来を学んだところで実感を持って捉えることが出来るはずも無いです。

 

九州四国の農業について言葉だけ勉強するのではなく、

 

日常スーパーに出向いて野菜コーナーの産地から得た知識と結びつけることで

 

自分たちが何かを学ぶのは机の上の教科書からだけではなく、

 

それが日々の生活と地続きになっていることを実感てもらいたいです。

 

その上でそれらを遥かに飛び越えた世界に踏み出すためにも

 

今目の前の課題を一段ずつ登っていくことの大切さを噛み締めてもらいたいです。

 

勉強だけしていればいいというものではありません。

 

勉強はある意味ではやって当たり前で、その上で、なのです。

 

 

お問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


まず基本から

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

 

まず基本から常に始めましょう。

 

基本が身についていないうちに我流に走っても成果は出ません。

 

我流で圧倒的な成果が出るタイプa.k.a.天才は別ですが、

 

天才でないならば「教わったとおりに反復」から始めてください。

 

すぐに手を抜いたり楽をしようとしたりする精神では

 

決して結果に結びつきません。

 

手を抜いているように見える人もいますが、

 

彼ら・彼女らは「手を抜くための努力は惜しまない」という変人です。

 

そして私達はそういう努力をK.U.F.U.=工夫と呼びます。

 

一段上の努力と考えてもいいでしょう。

 

工夫をするのは基本が身についているから出来ることです。

 

いきなりマイルール・マイロジックに頼ってはいけません。

 

思いつきが身になるのは実力がある程度備わった人からです。

 

まずは教科書の問題を教科書のやり方で全て倒せるようになりましょう。

 

 

お問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


むやみに移項しない

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

 

方程式の符号ミスはどの時代でも絶えないものです。

 

そして指導する側からすれば見るに耐えないものです。

 

でも、簡単な作戦でミスを減らすことはできます。

 

符号ミスが起きやすい時の一つは「移項する時」です。

 

移項をする場合に符号を反転させるのですが、

 

その際に反転し忘れてダメ、というのが良くあるパターンの一つです。

 

特に求めたい文字が右辺にあるのを左辺に移項して、という場合ですね。

 

では、そのミスを減らすためには最初から移項しないという手があります。

 

たとえ右辺にあっても左辺に移項せずに、最後まで解きましょう。

 

もしその文字が負の係数を持っていても、

 

両辺にマイナスをかけて乗り切ってみてください。

 

この手のミスがあっという間に減っていきます。

 

別に求める文字を左辺に持っていかなくても数学的には正しいのですから。

 

どうしても左辺に移項したいなら、

 

最後に「-4=a」と出てから「a=-4」と入れ替えるだけにしましょう。

 

 

お問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


賢くなることを楽しむ

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

 

水曜日は中3県相進学科の講義授業です。

 

ここのところは復習も兼ねて関係代名詞の解説をやっています。

 

ほうっておくと弱くなりがちな「構造から考える」というのをずっとやっていますが、

 

賢くなることを楽しむように持っていくことにも気を配ります。

 

関係代名詞thatまでの英文法を使って、

 

複数のthatが入り込んだ英文をどう分析するかを見てもらいました。

 

ちょっとしたパズルのように思ってもらえたようで、

 

生徒たちもホワイトボードを食い入る様に見ていましたね。

 

その場で思いついたかのように話してみせましたが、

 

話すタイミングも含めて授業前にきちんと狙っていますから

 

予定通りに進行できてホッとして今ブログを書いているところです。

 

私達が学ぶことは定期テストのためだったり入学試験のためだったりしますが、

 

もともと学んで賢くなることには楽しい側面もあるはずです。

 

なんとか、点数と愉悦の両方を手に入れてもらいたいですね。

 

そうすれば自発的に学べる人間になってくれるはずですから。

 

 

お問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


知っているもので知らないものを解く

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

 

どの学習でもその側面が多かれ少なかれありますが、

 

数学で培ってほしい力の一つは抽象力です。

 

問題を解きながら「この問題の共通点は何か」

 

「この問題で身につけるべきことは何か」

 

を探しつつ、考えつつという状態になってほしいです。

 

全ての問題を見たことがある状態には人間はたどり着けません。

 

現状で存在する全ての問題を解いても、

 

次に誰かが新しい問題を作るからです。

 

そうであるならば、知っている問題で磨いた知識を使って、

 

知らない問題を攻略していくのが上策です。

 

そのためには、問題からルールや法則を学び取っていく必要があります。

 

その解法が個別の解法にとどまらず抽象化したものとして身につけば、

 

応用できる範囲はどんどん広がっていきます。

 

新しい知識を身につけるのも楽になりますし、勉強が面白くなります。

 

そのためにも、日頃から抽象化して考える癖をつけましょう。

 

共通点探しは学習の基本です。

 

 

お問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
twitter!
miz_1149をフォローしましょう
◎短期集中・受験への国語講座
 2時間×4日間で県相受験・大学受験のために必要な国語の解法のコツをお伝えします。  他の教科は順調なのに、国語だけがどうしても!という生徒を募集します。  国語を感覚で解かず、理屈と手法と知識で解くことで  安定した得点が取れるようになります。
◎短期集中・県相への数学講座
県相受験のために数学の得点力を上げたい方のための短期講座です。2時間✕4日間で弱点を潰すための徹底特訓を行います。数学を学習するとは、問題を解くとはどういうことかを体験してもらいます。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM