残席状況 個別演習科 月・金19:00〜2席 火19:00〜満席 木19:00〜1席 

本気で学ぶ

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

 

塾長は受験勉強の場に身を置いて人生の大半を過ごしてきました。

 

最初は受験生やその予備軍として、人生の途中からは教える立場としてです。

 

気が付けば人生の半分以上は教える側になっています。

 

そんな中で何度か級友や後輩、生徒から聞かれたことに

 

「どうしてそんなに勉強をするのか?」

 

「どうして勉強が好きなのか?」

 

という質問があります。

 

 

三浦しをん氏の小説『風が強く吹いている』を読んだことはありますか?

 

箱根駅伝に挑む大学陸上部を舞台にした青春小説の名作です。

 

ラジオドラマ化・舞台化・実写映画化・アニメ化もされています。

 

その『風が強く吹いている』の中で、駅伝の練習になじめない先輩が

 

足が遅いなりに練習に熱心になりつつある後輩に尋ねます。

 

「なんでそんなに本気になれるんだ?駅伝、やったこともないのに」

 

後輩は答えます。

 

「分かりません。分からないからこそ、やらされるんじゃなくて、

 

自分からやってやろうと思ったってのはあります」

 

「強制されて走るより、自分から望んで走ったほうが俄然楽しいかもって」

 

「好きだから本気になるんじゃなくて、本気になってみたら、もしかしたら」

 

ここは読んだ瞬間に「そうなんだよ!」と思いましたね。グッときました。

 

大人だって、仕事が好きで好きでその職業を選んだという人ばかりではないでしょう。

 

それでも本気で取り組んでいる中で、自分の仕事に誇りや愛着を持つものです。

 

勉強の面白さも本気で取り組んだ先にあるものです。

 

親や学校の先生や塾長に強制されてする勉強より、

 

自分が本気で取り組んだ勉強のほうが数倍得るところがあるはずです。

 

欲しいものがあるなら、本気で全力で走り抜けてみてください。

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


見たことがあるものが解けるのが基本

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

 

テストの最中に「あっ、この問題は○○で見た!」というのは

 

大手通信教育販促マンガのあるあるです。

 

しかしそもそも論で言うならば

 

「あっ、この問題は学校のワークで解いて解けるようになったやつだ」

 

というのが基本であるはずです。

 

学校の先生が学校の教科書と学校のワークで試験範囲を指定しているのですから、

 

まずその範囲内のあらゆる問題をクリアしておくべきです。

 

それを疎かにして他のことに取り組み、

 

いわゆる「テストによく出る問題のみ」に絞るのは基本が忽せになります。

 

基本とは簡単だという意味ではなく、学習のいちばん大事なところという意味であり、

 

その基本を自在に使いこなすことを応用という、と考えています。

 

ですから定期試験前の今の時期に、学校のワークの練度が低いのに

 

他のものに手を出している生徒は負けの可能性が上がると思って下さい。

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


塾の机の前以外でどうあるか

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

 

学力を上がるために勉強をすることは問題ありません。

 

しかし、学力が上がる生徒の有り様は塾の机の前だけで決まるものではありません。

 

塾の机に向かう前や塾の机から去った後によっても決まります。

 

むしろ塾長の考えとしては、塾の机の前以外での有り様のために

 

塾の机での向かい方を指導しているつもりです。

 

例えば学力を上げるためには精神面の成長が不可欠です。

 

苦しいとき、きついと思うときにどこまで頑張って、どこで撤退するか。

 

具合が悪い・体が痛いとすぐに塾に行かないと言い出すようでは話になりません。

 

ちょっときついし苦しい勉強が続いているけどここで踏ん張ろう、

 

と歯を食いしばれずしてこれまでの人生から脱却することは出来ません。

 

これまでの人生通りの勉強との向き合い方から離れなければ、

 

これまでより素晴らしい結果を手に入れることはできないはずです。

 

辛いとすぐに逃げるのが子供です。子供はそれでも構いません。

 

しかし、相模原高校のような進学についてきちんと向き合う生徒が集まる場には

 

そのような子供は似合わないはずです。

 

逃げずに向き合う精神的に成長した生徒たちになってもらいたいです。

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


ワークを今週末までに最低周回しておく

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

 

学校のワークを今週末までに1周回しておくことは

 

定期試験対策のために大変重要です。

 

どうしても苦手な教科であれば既習の範囲で構いませんので

 

2周しておく方向でも構いません。

 

生徒によっては現時点でワークを3周していますからね。

 

現在の時点で「1.解ける問題」「2.解説を読んで解けるようになる可能性がある問題」

 

「3.苦手で攻略が難しい問題」に仕分けできておけば大丈夫です。

 

そして2.の問題を攻略するのを来週の目標にしましょう。

 

苦手な教科はそれだけでも点数がきちんと上がるはずです。

 

3.の問題は余裕があればつぶすことを目標にすれば気が楽になるでしょう。

 

もちろん潰せれば90点以上が目指せるのでいずれは狙います。

 

まずは2周目・3周目で2.の問題を完全につぶしてください。

 

そのために、今週末を有効に使いましょう。

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


もう一つ上の質問

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

 

正解や解法がわからなくての質問はもちろん歓迎です。

 

解説を読んで理解できないのに答えを書き写したところで、

 

石油とパルプの無駄遣いに過ぎません。

 

ガンガン食い下がって質問してほしいです。

 

しかしもう一つ上の質問ができると更に伸びます。

 

今日の生徒からは「正徳の治は扱いが少ないがどんなものだったのか」

 

「不正解の選択肢にあった大黒屋光太夫はどんな人間だったのか」

 

という、ある意味では本筋ではない質問が来ました。

 

いいですね、こういう好奇心と洞察から来る質問は素晴らしいです。

 

こういう視点で物事を眺められるようになると、

 

学んだことが紙の上だけでなく生きるようになります。

 

正解を出すことはとても大事です。

 

まずはそれをしっかり身につけてほしいと思っています。

 

そしてたまにそこに余裕が出たならば、

 

正解以外のところに心を届けてくださいね。

 

どんな質問でもお相手します。

 

わからなかったら、調べてでも教えます。

 

生徒諸君に調べるように伝えているのですから、塾長だって調べますよ。

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


テスト対策中

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

 

定期テスト対策が始まっている生徒が多いです。

 

学校のワークを潰している生徒もいれば、

 

塾のワークの3周目に取り組んでいる生徒もいれば、

 

追加の教材を解いている生徒もいます。

 

順調に進んでいる生徒もいれば、

 

質問の嵐の生徒もいれば、

 

別解を教わって解き直している生徒もいます。

 

何れにせよ、テストに向かって進んでいます。

 

テスト後の復習も大事ですが、

 

そこのためにもまずはテスト前の学習をしっかり積まねばなりません。

 

当たり前のことですが、テストの最中だけ頑張っても仕方ありません。

 

これまでにない点数を取りたいのであれば、

 

これまでにない努力をしたほうが可能性は増します。

 

これまでより早くからテスト勉強をやることも、その一つです。

 

あなたのお子さんはこれまでどおりの努力ですか?

 

それとも新しい努力を始めていますか?

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


一年中頑張る 自主性を育てる

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

 

2018年のヤクルトスワローズは一年中キャンプだったから躍進したという記事です。

 

控えの選手たちを中心に、毎日通常の練習以外にも

 

早めに球場に入って練習を重ね続けたそうです。

 

適切な練習量を確保して技術と体力が磨かれることは間違いありませんが、

 

選手たちの精神もまた磨かれたという話でした。

 

上田選手はインタビューの中でこうおっしゃってます。

 

「そこ(リーダーになること)は意識してないんですけど、

たまに素振りのない日があったりするんですよ。

そういう時は、宮本(丈)や廣岡や塩見たちと、

『明日は素振りなしだけど、やることやろうぜ』と。

一度、『今日はないだろうなぁ』って、素振りをしなかったことがあるんですよ。

その時に(コーチの石井)琢朗さんたちから『オレらが言わなくても勝手にやるぐらいにならないと。

やらされているだけじゃ、絶対に伸びないよ』という話をされて、実際にそうだと思いました」

 

まさにこれです。

 

練習を自分のことだと強く意識して、最終的には意識しないでもいいレベルになって、

 

初めて本格的な伸びというものが出てくるものです。

 

これは万事に通じることではないかと考えています。

 

誰かにやれと言われないと動かないレベルでは話にならないのです。

 

私達のエリアでも同じことが言えますが、

 

言われなくても動ける子供になってもらうためには

 

そのように私達周囲の大人が振る舞う必要があるはずです。

 

先回りして手厚くするべき時期もありますが、

 

自我が芽生えてからはそれをやりすぎては

 

子供が自分で考えて覚悟を決めて行動するチャンスが失われます。

 

そうなるまでじっと辛抱して見守ることも必要なのです。

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


勉強を優先する

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

 

点数がほしいなら勉強を優先することです。

 

予定を組むときに勉強の時間を優先することです。

 

勉強の時間をずらして減らして他のことをやるのに、

 

勉強ができるようになるわけがありません。

 

原因無くして結果を求めてはいけません。

 

種蒔かずして実りを求めてはいけません。

 

物凄くシンプルで当たり前なことですが、

 

これが出来てない人間がどれほどいることかと思います。

 

結局日常生活の基準が勉強を大事にするものでないのに

 

勉強から愛される訳がないじゃないですか。

 

全ての人間が学ぶことを最優先しろという話ではありません。

 

点数が取りたいならそうする他ないと言っているだけです。

 

今日もある生徒はもっと頑張るために週末の通塾を相談してくれました。

 

そういうことですよね。

 

 

お問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


1時間の努力でずっと勝てる

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

先週末から今週末に運動会などが行われる学校が多いですね。

 

今週末はお天気に恵まれそうで何よりです。

 

こういう週末は「運動会で疲れたので勉強はしない」という人も多いでしょう。

 

その気持はよくよく分かります。

 

分かるからこそその上で、「そこで1時間やれば大違いです」とお伝えします。

 

多くの友人もやらない、自分でも前向きになりにくい日にそれでも1時間努力することは

 

自分が努力をするかしないかの崖っぷちでの頑張りです。

 

そういう日にも努力を出来る人間になる第一歩です。

 

もちろんたかが1時間の学習で量は程が知れます。

 

でも、その一回が薄くどこかで自分の支えとなります。

 

他の日にやる気が出ないときの自分を机に向かわせ、

 

辛い時の自分にペンを取らせてくれます。

 

ずっと勝てるようになるための一歩になります。

 

努力の積み重ねによって分厚い学力を作れるようになります。

 

その未来のために今日、1時間積み重ねましょう。

 

 

もちろん何もなかった人は1時間と言わず3時間でも5時間でも!

 

 

お問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


説明できない答案などいらない

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

 

説明できない答案などいりません。

 

生徒にノートを見せてもらうときに塾長が強く咎めるのが

 

「不正解だった問題の正解答案を書き写した赤ペンの文字を見た時」です。

 

書き写しても理解できていないのであれば、

 

数字や状況を少し変えた問題できちんと正解できるでしょうか。

 

安定して正解することは絶対にできません。

 

そうであれば学力はついていないと言えます。

 

学力が上がるための行動でないものを毎度やり続けて

 

学力があがるはずはありません。

 

ですから強く咎めます。

 

採点する際には単純に「正解していたか・不正解だったか」ではなく

 

自分の答案の弱点はどこで、自分はなぜその答案を書いて、

 

どう考えれば正解答案までたどり着けて、そのためにどうすればいいか

 

ということを説明できるようになってもらいたいです。

 

無論このような学習姿勢は一朝一夕に身につくものではありません。

 

例えば中3でこのような状況であるということは、

 

9年かけて培った「誤った土台」であるとみなせます。

 

それを突き崩してもう一度積み直すというのは生半なことではありません。

 

ですから、早めの通塾をおすすめしているというわけです。

 

 

お問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
twitter!
miz_1149をフォローしましょう
◎短期集中・受験への国語講座
 2時間×4日間で県相受験・大学受験のために必要な国語の解法のコツをお伝えします。  他の教科は順調なのに、国語だけがどうしても!という生徒を募集します。  国語を感覚で解かず、理屈と手法と知識で解くことで  安定した得点が取れるようになります。
◎短期集中・県相への数学講座
県相受験のために数学の得点力を上げたい方のための短期講座です。2時間✕4日間で弱点を潰すための徹底特訓を行います。数学を学習するとは、問題を解くとはどういうことかを体験してもらいます。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM