残席状況 個別演習科 月・金20:00〜3席 火・木19:00〜3席

ライバルを超える努力の覚悟

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

 

9月になって受験勉強を本格化して合格しようと考える人もいることでしょう。

 

その志そのものは悪くありません。

 

しかし、その努力の覚悟がいかほどかは重要です。

 

なぜなら周囲も同じように考えて努力するのであれば、

 

相対評価で合否の決まる入学試験においては「出遅れは不利」だからです。

 

つまりライバルより現状での学力などが不足しているのであれば、

 

努力するライバルよりさらに大きな努力が求められているが

 

その覚悟はあるのか、実行力はあるのかということです。

 

自分が頑張っているつもりかどうかなどというレベルの話ではありません。

 

実際にその努力で合格を勝ち得ることができるのかと問い続けるのです。

 

努力に不足があるならばさらなる努力を求められ、

 

毎日残り時間が減る中で心を落ち着けて淡々と学習できるかです。

 

逆転合格を目指す諸君にはぜひそこを考えてもらいたいです。

 

 

お問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


通知表41を確保して県相へ

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

 

県立相模原高校合格を目指すならば、60%合格ラインとされる

 

内申点122を確保したいところです。

 

通知表で言うならば9教科合計が41というところです。

 

all5で45ですから、4つは4でも構わないことになります。

 

生徒によりますが実技教科がall4でもなんとかなります。

 

もちろん実技教科で5をとれればそれだけ楽になりますから、

 

手を抜いていいという話ではありません。

 

このような実際の数値目標を具体的に意識しないで努力を続けるのは

 

先の見えない戦いになりますから辛いものです。

 

目標とする数値を考えて、そこに向けて一つづつ手を打ちましょう。

 

どの教科の通知表の評定を上げるのか、

 

そのためにどのような学習をするのか、という具合に

 

目標と現実の間をひとつずつ埋めていくのです。
 

 

お問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


2学期の内申点を重視するもう一つの理由

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

2学期の内申点を重視する理由はもう一つあります。

 

それは私立高校入試にはさらに内申点が重要だからです。

 

神奈川県の私立高校の多くは県立高校の受け皿としての意味もあります。

 

県立高校を志望して受験しても必ず合格するわけではありません。

 

残念ながら志望校に通えなくなる生徒も必ず出ます。

 

その際に、別の高校生活を送る場として私立高校に通う生徒もいます。

 

有り体に言えば滑り止めというものです。

 

もちろん私立高校にも様々な特色を持って魅力的な高校があります。

 

スポーツが有名な高校などはこちらになります。

 

特に大学の付属高校は、内部進学を念頭に置いて選ぶご家庭も多いです。

 

そちらを本命として選ぶ生徒もまたいます。

 

今回はあくまで滑り止めとしての私立高校入試を考えます。

 

滑り止めとされる私立高校の合否のある程度は、受験生の内申点で判定されます。

 

私立高校の説明会などで、各高校はそれぞれの内申点基準を公開します。

 

事前にボーダーラインとして公開される内申点を超えていれば、

 

試験本番でよほどひどい答案を提出しなければ合格になります。

 

入試前の相談で参考とされる要素の一つが、3年生2学期の内申点ということです。

 

2年生3学期も勘案する場合も多いので、そこは注意しておきたいところです。

 

中学校での三者面談などで担任の先生と相談する場合もこういう話になります。

 

もちろん学習塾での相談でも、基準の数値は分かりますのでお申し付け下さい。

 

 

 

お問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


2学期内申点

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

 

3年生2学期内申点は県立高校入試に大きな意味を持ちます。

 

神奈川県の県立高校入学者選抜は、「内申点:当日点(テスト):面接点」

 

の合計で決まります。

 

そのバランスが例えば県相・県立相模原高校では「4:4:2」となります。

 

面接で大きな差が出ることはあまりないので、

 

実質内申点とテストで合否が決まります。

 

内申点は「2年生3学期+3年生2学期×2」で計算されます。

 

中2の3学期よりも中3の2学期のほうが重視されています。

 

ここできちんと目標点を稼げていないと、

 

本番で逆転のために余計に得点することが求められます。

 

内申点が1点違えば、入試本番の学力検査で3.7点相当ですから、

 

周囲のライバルより2問多く正解せねば逆転に及びません。

 

ですから中2の3学期に思うような内申点を取っていない生徒は、

 

中3の2学期でいかに得点を上げて内申点をとっていくかを

 

計画的に行動しなくてはいけないのです。

 

 

お問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


明日から夏期特訓第二部

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

 

青木学院のお盆休みも今日までです。

 

明日からは夏期特訓第二部の開始となります。

 

休み明けのタイミングはどうしても多少緩むものですから、

 

いつも以上に丁寧に学習することを心掛けてもらいたいです。

 

1週間ほどの夏期特訓の跡は8月度通常授業も始まります。

 

最近は高校などでも9/1を待たずに2学期が始まるところもありますから、

 

 

塾だってさっさと通常授業に戻っていいですよね。

 

特訓のゴリゴリした感じもいいものですが、

 

やはり日常の学習をどれだけコツコツやれるかというのが

 

長期的な学力育成の要であると考えています。

 

 

お問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


大学を目指すための高校受験

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

今日は指導後に中2を相手に、大学受験についての話をしていました。

 

実際のところで考えれば、相模原高校は大学進学のための高校と期待されています。

 

それは漠然とした進学希望の生徒も含みますが、

 

やはり県相を通して力を磨いて進みたい大学を志す生徒が多いはずです。

 

また、ご家庭でもそのような期待があることでしょう。

 

しかしそれは一朝一夕に目標として意識付けられるものではなく、

 

少しでも早い時期からそういう意識を少しずつ整備していくものです。

 

青木学院でも一定程度以上の学力や精神力を持っている生徒には

 

少しずつそういう話をして刺激を与えています。

 

ですからぜひご家庭でも志望大学についてのお話を少しずつお手伝い下さい。

 

進学のためにどんな手段を取るか、どんな作戦で挑むかはお任せ下さい。

 

それでも、意識改革は周囲の大人が皆協力する体制が絶対に有利です。

 

 

お盆休み長時間特訓の参加者を募集しています。

 

夏休みにもうひと踏ん張りしたい生徒の熱意に応えます。

 

開講日;8/10-15 09:00より

 

参加費;小中学生 1日5時間 8000円 1日10時間12000円

    高校生  1日5時間10000円 1日10時間15000円(税抜)

 

科目・教材;英数国理社から事前にご相談下さい

 

短期集中の徹底特訓で、弱点を一気に改善しましょう。

 

 

お問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


目標に相応しい学習を

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

 

どこの高校を志望する場合でもそうですが、

 

特に相模原高校のような上位高校を志望するならば

 

相応しい学習を心がけていくべきです。

 

テストで90点を目指すのに、ワークを満点にしないで良いでしょうか?

 

見たことがあるとは言えない問題を正解したいときに

 

見たことがある問題を解けないままで良いでしょうか?

 

高い目標を掲げるからには、相応の行動が必要です。

 

よしんば相模原高校とは言わないまでも、

 

今の学力よりずっと上に行きたいと思うならば

 

現状維持の学習や心がけで良いでしょうか?

 

それはありえませんよね。

 

常々伝えている、「原因なくして結果なし」ということに反します。

 

ずっと上に行きたいならば、ずっと上の行動をとるべきです。

 

現状に不満があるなら大きく変えるべきです。

 

 

お盆休み長時間特訓の参加者を募集しています。

 

夏休みにもうひと踏ん張りしたい生徒の熱意に応えます。

 

開講日;8/10-15 09:00より

 

参加費;小中学生 1日5時間 8000円 1日10時間12000円

    高校生  1日5時間10000円 1日10時間15000円(税抜)

 

科目・教材;英数国理社から事前にご相談下さい

 

短期集中の徹底特訓で、弱点を一気に改善しましょう。

 

 

お問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


反復すれば強くなる

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

 

反復は学習の基本です。

 

学校のワークでも何でもそうですが、一度しかやらない場合は、

 

内容が十分に身につく可能性は低いです。

 

特に難度の高い学習に取り組んでいる場合にはそうです。

 

小学生の間に反復して学習することを自然だと思うようになれれば

 

後々の学習でもそのように行動できますから強いです。

 

ワークのどの問題を指さされても即答できるように、

 

あるいは迷わずペンが動いてくれるようになるには反復です。

 

もちろんただ解き直すだけではなく、その間に考え続けることが必要ですね。

 

そうやってどの一問でも解き方の根拠を提示できるようになれば、

 

相模原高校だろうが安定して合格できるようになります。

 

そのためには、どうしても学習量が必要になるのです。

 

 

お盆休み長時間特訓の参加者を募集しています。

 

夏休みにもうひと踏ん張りしたい生徒の熱意に応えます。

 

開講日;8/10-15 09:00より

 

参加費;小中学生 1日5時間 8000円 1日10時間12000円

    高校生  1日5時間10000円 1日10時間15000円(税抜)

 

科目・教材;英数国理社から事前にご相談下さい

 

短期集中の徹底特訓で、弱点を一気に改善しましょう。

 

 

お問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


相模原高校合格に向けて 算数から始まっている

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

 

相模原高校のような上位高校に合格する生徒は確実に計算が速く正確です。

 

それは実は計算する量が少ないからです。

 

例えば3/8という分数を小数にするときに、

 

上位高校に合格しない(あるいは受験さえしない)生徒は

 

3÷8を筆算さえします。

 

しかし相模原高校のような上位高校に合格する生徒は違います。

 

1/8=0.125を覚えているので、その3倍をイメージします。

 

さらに3/8=2/8+1/8と考えて、2/8=1/4=0.25を利用して

 

3/8=0.25+0.125=0.375と処理できます。

 

上級者になると3/8=0.375と即答できることもしばしばです。

 

筆算をやるよりはるかに計算量が少ないので、ミスが減ってしかも速いです。

 

この1/8=0.125のような仕込みを小学生の算数の段階で終えれば、

 

中学以降の数学でかなり計算の自力が上がっての勝負になるので勝ちやすいですね。

 

 

お問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


理屈と仲良くなれば合格が近づく

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

どの教科であれ、学力は知識と理屈が合わさって出来ています。

 

勉強というと知識のインストールのみに偏る人もいますが、

 

一段上に登るためには理屈と仲良くなってほしいです。

 

子どもたちは理屈に触れなければ理屈を使いこなすようになれません。

 

反抗期である子どもたちと接すると、

 

親はついつい大きな声と権力で強引にねじ伏せることがあります。

 

しかしそういう姿勢を毎日見せられたときに、

 

子どもたちは理屈を使えるようになるでしょうか?

 

その可能性は低いですよね。

 

だから、子どもたちの能力・成長を信用して理詰めで話してみて下さい。

 

日頃の行動から理屈を落ち着いて粘り強く使う姿勢を見せれば、

 

子どもたちがそれに感化される可能性は十分にあります。

 

もちろん、成長の段階に応じて扱える理屈は違いますから、

 

そこは親の目できちんと判断した上で、です。

 

何であれ、第一の手本は親であります。

 

塾長もまた、子どもたちを取り巻く大人の一人として理屈を見せます。

 

一体となって、子どもたちの成長をサポートしましょう。

 

 

お問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
twitter!
miz_1149をフォローしましょう
◎短期集中・受験への国語講座
 2時間×4日間で県相受験・大学受験のために必要な国語の解法のコツをお伝えします。  他の教科は順調なのに、国語だけがどうしても!という生徒を募集します。  国語を感覚で解かず、理屈と手法と知識で解くことで  安定した得点が取れるようになります。
◎短期集中・県相への数学講座
県相受験のために数学の得点力を上げたい方のための短期講座です。2時間✕4日間で弱点を潰すための徹底特訓を行います。数学を学習するとは、問題を解くとはどういうことかを体験してもらいます。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM