残席状況 個別演習科 月・水・金 20:25〜3席

最初から全力をお勧めします

県相・県立相模原高校進学を考えるならば

 

最初から全力で勉強することをお勧めします。

 

まず学習量はいつ稼いでも良いのならば、

 

最初からコツコツ積み上げた方が総量が増えます。

 

総量が少なくて学力が足りなく不合格になるよりも

 

総量を増して学力が増えて合格する方がましというものです。

 

大体、計画的に「○○月からギアを上げる」という目安無しで

 

後から増やそうというのはある種の先延ばしです。

 

先延ばしをして学力が上がることはほとんどありません。

 

学力を上げるのは常に今この瞬間を大事にする人だけだからです。

 

また、最初から多めに学習する環境にいる子供は

 

「勉強するのが当たり前の生活だ」と考えるようになります。

 

後から増やすから苦痛に感じることもあるわけです。

 

無論導入時期は大変だと思いますが、

 

どのみち増やせば大変だと思うのであれば大差はありません。

 

むしろ最初から「自分は頑張れる人間になれる」と自信を持ってもらいたいです。

 

行動から来る自信は最強ですからね。

 

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


好奇心最強説

県立高校進学を決めた生徒達が塾に来て

 

新学年の先取り学習をしています。

 

大学受験をどのように戦うかを念頭に置いて

 

受験に必要な科目と武器にすべき科目を相談し、

 

各自違った課題に取り組んでもらっています。

 

英語と数学を先取りしているAさんにふと、

 

「古文のラ行変格活用動詞って4つ言える?」と尋ねると

 

「あり・をり・はべり・いますがり、です」と即答しました。

 

教えた覚えがないので、「すごいじゃない!よく知ってるね」と言うと、

 

「Bさんにテキストを見せてもらったので」とのことです。

 

確かにBさんには古文の先取りテキストを渡しています。

 

Bさんに後で訊くと、お互いのテキストを見たり話し合ったり、

 

先述のラ変動詞についても5回ほど話しているそうです。

 

Bさんが覚える間に、Aさんは自分も覚えてしまったのですね。

 

これは二人ともとても良い学習姿勢だと言えます。

 

好奇心を持って物事を捉え、どん欲に知ろうとする姿勢は

 

生きていく上でとても役立つものです。最強です。

 

思わぬところで知識は役立つものですからね。

 

いつ何時、何からでも知識を得ていきましょう。

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


知ろうとする子を育てるは親の役

子供が賢くなるためには知識の吸収が欠かせません。

 

自発的に知識を増やしていく子供は最強です。

 

ではそうなるために必要なものは何でしょうか。

 

それは、知識をどんどん与える親の存在です。

 

子供が「あれは何?」「なんでなの?」と質問する時期がありますよね。

 

その時期に子供の質問をないがしろにしていると

 

「ああ、大人に質問しても面倒くさがられるだけだな」と感じてしまい

 

子供は疑問を持つことをやめて諦めてしまいます。

 

子供の質問がたとえ分からないことだったとしても

 

「君は何だと思う?」「君はなぜだと思う?」

 

と問い返して子供の心を豊かにし、

 

「お父さんも分からないから、帰ったら調べてみようか」

 

などと子供が賢くなる方向へ誘導することはできますよね。

 

そういうことを面倒くさがる親であったなら、

 

どうして子供が賢くなる可能性が高いでしょうか?

 

「子供にはまだ分からないから」と上限を決める親が

 

どうして子供を伸び伸びと育てる可能性が高いことがあるでしょうか?

 

そう思うからこそ、青木学院では質問を大切にしています。

 

時には「それはもっと考えてみようか」と答えをすぐに教えないこともありますが

 

質問してきた勇気には、意欲には、全力で答えています。

 

そう、対面式 face to face こそが真骨頂!

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


演習を積み重ねれば大丈夫

厚木高校進学の生徒が早くから授業に来ています。

 

中学の学習内容は十分に身についていますので、

 

この3月はずっと高校数学の先取りをやってもらっています。

 

もう1年生の内容は2/3ほどはさらい終えた状態です。

 

質問に来た問題を解説し、その問題の応用について触れた後に

 

その生徒に向かって訊いてみました。

 

「どう?高校1年の数学も何とかなりそうでしょう?」

 

生徒は答えました。

 

「はい。あとは演習さえしていけばやれそうです」

 

よく分かってくれています。

 

きちんとした学習習慣を付けておきさえすれば、

 

大人が過剰に教え込まなくともある程度の問題は

 

子供達が自力で倒せるようになるのです。

 

無論、最初の少しの部分は導入が必要なこともありますし、

 

躓きかけた時にのヒントとしての指導はありますし、

 

今日の授業のように今学習していることが

 

どこに繋がっているのかを示すことだってあります。

 

でもそれは、演習を抜いて語れるものではありません。

 

試験は問題を解いて正解に行き着くことで得点が出来ます。

 

何度も何問も解く練習をしなくては、本番に近づきません。

 

覚えることが目標ではなく、思い出して使いこなすことが目標です。

 

だから、春期も問題を解いてもらうのです。

 

 

昨年度より日程が良い今年の春期特訓は、

 

72時間からパワーアップして80時間受講も可能になりました。

 

もう塾でたっぷりやったから、家でしなくて大丈夫!

 

と言えるぐらいに勉強しましょう。

 

つま先だけ川に浸すような生半可な勉強ではなく、

 

清水の舞台から飛び降りるぐらいの一心不乱の大勉強をしたい、

 

未来の県相生を、待っています。

 

 

春期講習の御案内はこちらから。

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


450点を目指す

県相・県立相模原高校に合格する可能性があるか否かは

 

定期テストで450点というラインが一つの目安です。

 

その450点を目指すのにもっともいいタイミングになるのが

 

1学期の定期テストであることは言うまでもありません。

 

新学年の学習内容としてまだ難度が上がりきっていないので

 

英語数学が比較的得点しやすい時期だからです。

 

県相・厚木に合格した生徒はここを逃さずに取って来てます。

 

「簡単な問題で良い点数を取る事に大きい意味があるのか?」

 

と考えてしまう人もいるでしょう。

 

はい、大いに意味があります。

 

1.難度は上がりきっていないが、文法の重要事項や

 

 計算問題の練習を十分に積まないと先の学習に差し支えます。

 

2.450点を取って「自分もやったらできるようになる」と自信を持つことは

 

 後の学習で自分を支える大きな力になります。

 

3.そもそも「簡単だ」と言うなら取ればいいじゃないですか。

 

もちろん新学年の定期テストでの高得点を目指すためにも、

 

学年が上がる前にしっかり演習して既習の分野の理解と定着を計りましょう。

 

そのためにも、青木学院でも春期の講習を行うのです。.

 

 

昨年度より日程が良い今年の春期特訓は、

 

72時間からパワーアップして80時間受講も可能になりました。

 

もう塾でたっぷりやったから、家でしなくて大丈夫!

 

と言えるぐらいに勉強しましょう。

 

つま先だけ川に浸すような生半可な勉強ではなく、

 

清水の舞台から飛び降りるぐらいの一心不乱の大勉強をしたい、

 

未来の県相生を、待っています。

 

 

春期講習の御案内はこちらから。

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


口を出さない

親心は複雑なものです。

 

子供を応援したい愛情にあふれているはずなのに、

 

子供達を見るとつい要らぬ所まで口を出しては

 

後で「言い過ぎたのでは無かろうか」という自己嫌悪を繰り返します。

 

それにも関わらず変わらないように見える我が子を見ては

 

やきもきしてまたついお説教をしてしまいます。

 

青木学院の保護者の方と面談する度にそういう話をうかがいますので

 

きっと塾生以外の保護者の方も同じお気持ちの方が多いのではないでしょうか。

 

では、このようなお説教は県相合格に効果があるかと言えば

 

ほぼありません。むしろ有害であるとさえ言えます。

 

このような接し方を続ける限り子供達の学力は爆発せず、

 

逆に子供達のストレスが爆発する可能性もあります。

 

お説教をする時に心が安定している保護者さんはまずいません。

 

のらりくらりとしているように見える我が子の将来を案ずる不安を

 

大きな声と連発する言葉で押さえ込もうと必死なのです。

 

だから実はお説教で子供達の心が傷つくのと同じように

 

保護者さんの心も傷ついているのではないかと思っています。

 

 

これは非常に辛いことです。

 

それを避けるには、受験に関わる人間が心構えを変える、

 

それによって行動を変えるという方法があります。

 

有り体に言えばお説教を止めてしまうのです。

 

言いたい気持ちに身を任せずに、子供から話してもらう気持ちになりましょう。

 

その時も少しでも責めるような言い方にならないようにしつつ、

 

親としてどう考えているかを伝え、子供としてどう考えているかを知り、

 

その上でどうやって学んでいくかを話し合うのです。

 

子供達の意見をしっかりと受け止め、認め、見守ることを第一としましょう。

 

上位の高校大学というものは基本的に自主性の高い子供達が合格します。

 

自主性は無理矢理植え付けるものではなく育てるものです。

 

受験に自主性が間に合わぬというのであれば、

 

そこをドンと受け止めて、「次の機会までに子供が目覚めるよう期待しよう」と

 

腰を据えて見守るぐらいの度量がある方がいいです。

 

そのような深い愛情を以て我が子を見守る親を見て、

 

何も心が動かない子供などいないでしょう。

 

 

きっと深く根を張った大きな幹を持った人物に成長します。

 

そういう子供こそ、県相にふさわしいのではないかと考えます。

 

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


「なぜ」を問い続ける

「なぜ」を問い続ける姿勢が重要です。

 

いくら勉強をしても点が伸びないという人には、

 

この姿勢が欠けていることがあります。

 

理屈が無く解いていると言いましょうか。

 

理屈を抜いて解いている、読んでいるので、

 

見たことのある問題そのものしか解けません。

 

一問一答レベルなら何とかなったとしても、

 

ちょっと単語や表現を変えられたり

 

出題形式が変わったりすると途端に出来ません。

 

これを防ぐには普段から「なぜ」を問い続けることが必要です。

 

正解でも不正解でも「なぜ」と問いましょう。

 

その先に、原理が待っています。

 

原理を身につけていけば、より少ない時間で多くの問題が正解できます。

 

要領がよいと見える人の多くはこれをやっているのです。

 

解説を読んでも「なぜ」と問いましょう。そしてその答えを見つけましょう。

 

もちろん、分からない時には塾長に質問しましょう。

 

 

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


小学生のうちに割合と速さだけは確実に

県相・県立相模原高校進学を目指すのであれば

 

小学生のうちから学習に対して意識を持つ必要があります。

 

といっても、何も全てにおいて先取りをする必要があるなどという

 

性急な話ではありません。

 

確実にやっておくべきことをやっておくというだけのことです。

 

算数で言えばそれにあたるのが例えば割合と速さですね。

 

この二つは実際には同じジャンルの問題ですが、

 

ここの理解が十分であれば方程式の立式などに対して

 

ある程度の準備が出来ていると言えるケースが多いです。

 

つまり、日本語を読解して加減乗除の関係を読み取れるということです。

 

また、抽象的な存在である割合を理解出来ていれば、

 

抽象的な内容を理解する最初の準備が出来ているということです。

 

これらを乗り越えずして中学数学での成功はありません。

 

塾に通う時間がない場合であっても、市販の問題集などで構わないので

 

割合と速さの問題は完璧を目指して練習して欲しいです。

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


問題文を丁寧に読む方法

理想を言うならば、問題文は一読で意味が分かる方が良いです。

 

すっと読んですっと正解するのが何よりです。

 

しかし、時には読み直しをせねばならないこともあるでしょう。

 

特に雑に読む癖がつきがちな中学生諸君のレベルでは、

 

丁寧に読むという意識がなくてはいけません。

 

では、丁寧に読むとはどういうことでしょうか。

 

それは、何のために読むのかを考えることで分かってきます。

 

私たちが問題文を読むのは正解するためです。

 

正解するためのヒントを求めて問題文を丁寧に読みます。

 

そのためには読む前に「何を自分が知りたいのか」が分かっている必要があります。

 

つまり、何を訊かれているかという点だけは逃してはいけないのです。

 

それは往々にして問題文の一番最後近辺にあります。

 

何を訊かれているのかを一言で表している表現を探し、

 

それを求めるために必要な情報を探しに行けば、

 

すこし丁寧に読むための意識が育つようになります。

 

目的を持って読むのがポイントですね。

 

何を探しに行くのか分からずに読んではいけないのです。

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


県相受験に向くのは算数国語が強いタイプ

県相・県立相模原高校の受験に向くタイプの小学生がいます。

 

これはもう、圧倒的に算数国語が強いタイプです。

 

基本的な計算力をしっかり磨いていて、

 

読解に必要な語彙力が十分にあるタイプです。

 

ここを外さなければ、理科社会の補強などは何とか出来ます。

 

しかし理科社会ばかりが強いタイプは、

 

好奇心が強いのはいいのですが我流の学習に終始しかねません。

 

中学の学習で数学国語が伸び悩んでしまいかねません。

 

学校の計算ドリル、漢字ドリルを満点にしておくことが必須条件です。

 

応用問題や文章読解はその先に出てくる力です。

 

低学年の間からドリルは本当に繰り返しておきましょう。

 

その上で興味のある本での読書週間がつけばなお良いですね。

 

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
twitter!
miz_1149をフォローしましょう
短期集中講座
◎県相受験への国語/大学受験への国語  2時間×5日間で県相受験・大学受験のために必要な国語の解法のコツをお伝えします。  他の教科は順調なのに、国語だけがどうしても!という生徒を募集します。  国語を感覚で解かず、理屈と手法と知識で解くことで  安定した得点が取れるようになります。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM